【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

体験者発表などで理解深める

本紙掲載日:2018-10-22
2面
県北地区里親制度普及促進大会

県北地区里親制度普及促進大会−延岡

 平成30年度県北地区里親制度普及促進大会が19日、延岡市社会教育センターであった。里親や民生委員・児童委員、行政関係者ら約60人が参加。体験者発表などを通して里親制度について理解を深めた。主催は県北地区里親会と県延岡児童相談所。

 里親普及促進センターみやざき(坂元貢所長)によると、里親制度は「児童福祉法に基づくもので、家庭のさまざまな事情で自分の家庭で生活することができない子どもたちを、自分の家庭に受け入れて家庭的な雰囲気の中で愛情と真心を込めて育てること」。

 社会的養護が必要な子どもは平成29年現在、国内に約4万5千人いるが、その82%は施設に入所し、里親の元で暮らしているのは残りのたった18%という。坂元所長は「特に0〜2、3歳までは、親の愛情関係が子どものその後の成長に関係すると言われている。できる限り家庭での養護が望ましい」とし、「まだまだ里親が少ない状況」と強調。その上で里親の種類やなるための過程、手立てなどを説明した。

 体験者発表では、椎葉村の中竹栄さんが講話。流産を経験するなど、なかなか子どもに恵まれなかった時に新聞記事で里親制度を知り、すぐに行動。トレーニングを受けるなどして里親登録し、最初に出会った当時3歳の「笑顔のかわいい」男の子を、縁あって委託して8年目を迎えた。

 その子には発達障害があり、地域の人や学校の先生ら周囲に支えられながら親子共に一緒に成長してきた過程を紹介。「『どうにかなるさ、気長に行こう』の精神で今後もいきたいと思う。子どもと出会って人生が百八十度変わった。皆さんにも里親になって素晴らしい出会いをしてもらいたい」と語った。

 大会ではまた、子どもたちの発達支援を行う大分療育センター(大分県別府市)の小野重遠所長(延岡市北浦町出身)の講演もあり、児童精神医学の面から「子どもが自分の言葉で言えるまでじっくりと待つという忍耐が必要」などと話した。

 県北地区里親会には現在、31世帯54人が在籍。19人の里子を委託している。開会式で県里親連合会の本山浩平会長は「日本は世界の先進国に比べて里親が少ない。施設では愛情がなかなか届かない現状もある。一人でも多くの里親を発見してもらえればこんなに素晴らしいことはない。促進大会はそのためにある」と述べた。

その他の記事/過去の記事
page-top