【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

大自然の中で税を学ぶ

本紙掲載日:2018-08-09
2面
夏休み企画として初開催した「大自然の中で税の関わりを知り、自由研究を完成させよう!」

県北法人会延岡支部青年部

◆5、6年生対象に租税教室

 県北法人会延岡支部青年部(谷口典幸部会長)は4、5日、延岡市行縢町のむかばき青少年自然の家で、小学5、6年生を対象に租税教室を開いた。児童約20人が参加し、税の大切さや種類、仕組みなどについて学んだ。

 同会は例年、延岡税務署管内の小学生を対象に租税教育活動を開催。自然に触れ合いながら税の大切さを学んでもらおうと、テーマ「大自然の中で税の関わりを知り、自由研究を完成させよう!」を夏休み企画として初開催した。

 初日の研修「税ってなぁに!?」では、部会員が、税金が市役所や警察・消防、学校、図書館の運営、橋や道路の管理、災害復旧など、身の回りの生活に使われていることを挙げ、「税金は社会で安心して豊かに暮らすための会費」と大切さを強調した。

 また、市・県民税や固定資産税、消費税、酒税など税金が約50種類あることを紹介。森林環境税を例に、豊かな森を守るためにも税金が使われていることなどにも触れ、「自然や伝統を守る。未来を守るためにも税金は使われている」などと話した。

 児童らは翌日、学んだ税の知識をまとめた自由研究を発表。初日の税の研修を聞いた石神陽さん(11)=恒富小6年=は「税金が暮らしのために使われていることが分かった」、大木場愛さん(11)=東海小6年=は「人のために役立っていることが分かった」と話した。

 また、税を学ぶ以外に行縢の滝までのトレッキングや沢登りなどを通じて世界ユネスコエコパークに認定された祖母・傾・大崩山系にある行縢山の豊かな自然を体感したほか、屋外炊飯やバーベキューを堪能するなど、2日間を満喫した。

その他の記事/過去の記事
page-top