【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

体ひとつで渓流下り−爽快!キャニオニング

本紙掲載日:2018-08-03
7面
「チョー気持ちいい」。祝子川をプカプカと浮いたまま流れ下る参加者。右端はガイドの南さん
表面が滑らかな花こう岩はまるで天然の滑り台
大小の花こう岩が点在するコースには飛び込みが楽しめる場所も
裏側をくぐることもできる小さな滝。キャニオニングをガイドするのは南さん(左端)と中尾さん(中央)

祝子川の清流を満喫−延岡市北川町

◆泳ぎ滑り飛び込む−−
アウトドア専門店企画−十分な装備とガイド同行で

 ウエットスーツに救命胴衣とヘルメットを着用し、体ひとつで渓流を下る「キャニオニング」が延岡市北川町上祝子の祝子川で楽しめる。清流で泳いだり、岩を滑ったり、ふちに飛び込んだり…。猛暑が続くこの夏。ここだけは別世界が広がっている。

 ガイドするのは福岡県久留米市出身の南昭年さん(44)。ゴムボートの急流下り「ラフティング」のガイドを務めた北海道ニセコ町から5月末に延岡市へ移住、大貫町でアウトドア専門店「三波商店」を立ち上げた。

 キャニオニングのコースは、祝子川キャンプ場から下流の祝子川小跡地付近までの1キロ足らず。所要時間は休憩を挟んでおよそ3時間。南さんと中尾晋介さん(37)=日向市日知屋=の2人がサポートする。

 大崩山(標高1644メートル)から流れ下る祝子川は天然のクーラーに入ったような爽快感。コースには大小の花こう岩が点在し、急流や小さな滝が連続する。胸まで水につかり、シャワーのような水しぶきを浴びて難所を抜けるのはちょっとした冒険。コバルトブルーの深いふちでは、スリル満点の飛び込みも楽しめる。

 「祝子川は川幅が広く、よく日が当たるせいか思ったより冷たくない。温泉も近くにあり、キャニオニングには最適の場所」と南さん。日本三大急流の四国・吉野川でキャニオニングのガイド経験があるという中尾さんは「沢歩きにはちょうどいいコース。専門のガイドがいれば初心者でも安全に楽しめる」と話す。

 先日は女性4人が参加し、童心に帰って川遊びを楽しんだ。今年2月に県の「ふるさと宮崎ワーキングホリデー」を利用して祝子川温泉「美人の湯」で田舎暮らしを体験した立教大観光学部4年の志波有里枝さん(23)は、「水がきれいでとても楽しかった。ずっと川の中にいたいほど。ますます延岡が好きになった」と笑顔で話していた。

◆中学生以上が対象

 キャニオニングは中学生以上が対象。料金は軽食、温泉付きで1人1万1000円。南さんは、ほかにも北川支流・小川でカヌー体験やラフティングボートによる川下りをガイドする。問い合わせは三波商店(電話延岡27・4982)。

 祝子川渓谷は、延岡市街地から県道岩戸延岡線でおよそ1時間。周辺にはキャンプ場やパワースポットの「神さん山」もある。キャニオニングは十分な装備とガイドの同行が不可欠。安全に楽しみたい。

その他の記事/過去の記事
page-top