【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

3日から郷土の文化財展

本紙掲載日:2018-08-03
6面
知られざる郷土の文化財展

南圃や月谷ら作品約50点

 江戸期から昭和初期の延岡の芸術家たちの作品を公開する「知られざる郷土の文化財展」が、3日から延岡市伊達町のギャラリーかわなかで始まった。7日まで。入場無料。同展実行委員会(甲斐盛豊委員長)主催。

 延岡市在住の有志ら5人が所蔵する日本画の掛け軸、油彩画、北川町八戸産出の紅渓石で作られた硯(すずり)、刀の鍔(つば)など約50点が展示されている。

 江戸期の画家で延岡市生まれの岡部南圃(1807〜73)やその弟子の鈴木月谷(1835〜1907)の日本画、延岡市小峰町で焼かれていた小峰焼とされる作品などがある。

 染矢國義さんによると、同じ作者でも時代によって画風が違うという。会場を訪れた人たちは熱心に鑑賞していた。

 染矢さんは「私たちは郷土のものを大切にし、文化財を共有しないといけないと思う。延岡にこうした人たちがいたことを知ってもらいたい」と話している。

 時間は午前10時〜午後6時。駐車場は同ギャラリー北側に5台分ある。問い合わせはギャラリーかわなか(電話延岡32・4036)。

その他の記事/過去の記事
page-top