【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

含羞の詩人眇絞孤廖欹酩覆鮑子に

本紙掲載日:2018-08-03
3面
小冊子を十屋市長に贈った眇絞孤弩仮寛

日向市内の小中校などに贈呈−顕彰会

 眇絞孤弩仮寛顱幣林理教会長)は、眇垢虜郢譴靴森参里篆裕い了蹐覆匹鬚泙箸瓩疹冊子を作り、7月31日に日向市役所で十屋幸平市長に贈った。

 タイトルは「郷土が生んだ含羞(がんしゅう=恥じらい)の詩人眇絞孤弸郢豺参痢人気の詩・メッセージ集」。A5サイズで500部を作り、市内の小中学校や図書館などの公共施設に置かれるという。

 眇垢蓮県内16の小中高校で作詞を手掛けており、小冊子には全ての歌詞を掲載。会員が足を運んで撮った校舎と、校歌の刻まれた石碑などの写真も併せて載っている。

 顕彰会の前身の「眇絞孤彿拔会」で話題になった詩、会員推薦の詩、発行している会報「舷灯(げんとう)」に載せた、顕彰会設立に当たっての思いなども載せた。

 今年度は眇垢遼弩紕横闇の節目で、顕彰会では詩碑の建設を進めている。道の駅とうごう近くに建設する計画で、詩碑には日本名詩選の「冬薔薇(ばら)」を刻む予定。眇垢寮犬泙譴親に合わせ、例年1月に行われる「眇絞孤廚鮗邸覆靴痢砲峪軋膕顱廚瞭に除幕式を行う。

 顕彰会は、東郷町出身の詩人眇絞孤廖複隠坑隠亜腺坑固)の功績を後世に伝えようと、昨年12月に発足した。「会員のほとんどは東郷町の人。詩碑の建設や小冊子の活用により、眇好侫.鵑鮖堝眩完茲冒やし、市民の詩歌文学への関心を高めたい」と話している。

 顕彰会によると、眇垢狼貔延岡中から東京帝大に進み、卒業後は母校の教師となった。その後は満州映画協会に入社。終戦後に帰国し、延岡市や旧東郷町の教育長、東郷町長を歴任した。処女詩集「浚渫(しゅんせつ)船」は中原中也賞を受賞。本人が自身の詩業を語らなかったこともあり、その功績は十分に知られていないという。

その他の記事/過去の記事
page-top