【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

MRTが台湾に新商社

本紙掲載日:2018-07-28
3面
新会社設立について会見するMRT宮崎放送の津隈社長(右)と宮崎銀行の平野頭取

県産食材を輸出−10月に業務開始

 MRT宮崎放送は27日、台湾をはじめとするアジア圏域へ主に県産食材を輸出するグループ会社「トレードメディアジャパン」を設立したと発表した。本社は宮崎市のmrtテラス内に置き、10月に台湾支社を開設。国際貿易ライセンスを取得し業務を開始する。

 MRTは一昨年から台湾最大手のケーブルテレビ局「東森電視」と番組提携し、本県内の飲食店などを紹介するグルメ番組を放送。視聴者から食材の水産物や宮崎牛への問い合わせが多く寄せられていたという。

 新会社は同局を通じて台湾だけでなく香港やシンガポール、インドネシアなど広域に番組を配信。同局グループのインターネット会社「ETTODAY」の発信力も生かし、戦略的に県産品を売り出すことにしている。

 台湾には現地雇用1人を含む3人が駐在。当面は県漁業協同組合連合会と連携して真空冷凍した魚などを輸出し、年間1億円の売り上げを見込んでいるという。

 新会社の資本金800万円のうち、400万円は宮崎銀行と宮銀地方創生2号ファンドが出資。同ファンドは地元企業の成長支援と地方創生への貢献を目的に、幅広い業種に株式での資金調達手段を提供している。

 県庁で会見したMRTの津隈佳三社長は「地産外商の仕組みを作り、地元宮崎の経済発展に貢献したい」と抱負。宮銀の平野亘也頭取は「地方創生のため誰かがリスクを取らなければならない中で、足回りのいい会社ができればと考えていた。銀行も深く関わりたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top