【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

シェアサイクル「ピッパ」

本紙掲載日:2018-07-25
3面
シェアサイクルの出発式でスマホを使って解錠する菊池社長(手前)ら関係者

スマホで自動化、宮崎市でスタート−宮交など

 県内初となるシェアサイクル・サービス「宮交P!PPA(みやこうピッパ)」が、24日から宮崎市内でスタートした。宮崎交通とオーシャンブルースマート(本社・東京)の共同事業。

 宮崎駅を中心とする半径約2キロ範囲の駐輪ポート14カ所に自転車計111台を配備。年内にポートの設置箇所を同3キロ範囲、自転車を200台まで拡大することにしており、年間千人の利用登録を目指す。

 事前にスマートフォンで専用アプリケーションをダウンロードして登録(年会費1000円)し、ピッパコイン(料金)をチャージすればいつでも乗ることができる。

 IoT技術のスマートキーにより、アプリを起動してサドル後ろのパネルにスマホをかざすと解錠。乗り終えて施錠したら、利用時間に応じた料金が自動精算される。

 最後はポートに駐輪しなければならないが、乗り始めとは別のポートでの〃乗り捨て〃が可能。ポート設置場所はアプリ内の地図で確認できる。

 自転車は軽量アルミ製で、足への負担を抑える高効率ギア、ノーパンクタイヤ(24インチ)などを採用し、快適性と耐久性を兼ね備えた。

 一時利用は最初の30分が150円、以降30分ごとに100円。月額利用プランもあり、30分以内なら何回でも利用できて1カ月1500円、6カ月6000円、12カ月1万円。1回30分を超えた場合は同じく30分で100円ずつ課金される。

 現金払いはなく、スマホ利用料と合算のキャリア決済やクレジット決済などから選択。シェアサイクル保険に加入し、24時間対応のコールセンターも設置している。

 宮崎駅前での出発式で、宮崎交通の菊池克鮗卍垢蓮嶌8紊肋Χ隼楡澆箚儻地なども視野に入れて次のステップを展開したい」。鎌原宜文副知事は「観光で訪れた方にも活用してもらいたい」と期待を込めた。

その他の記事/過去の記事
page-top