【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

流れ引き戻せず−高千穂

本紙掲載日:2018-07-10
9面
【1回戦・高千穂―延岡工】高千穂は9回、平川祥が右中間へ二塁打を放つ

第100回全国高校野球選手権記念宮崎大会・サイド

 高千穂は流れを引き戻せず、初回の攻防が〃全て〃になってしまった。戸睛亀監督は「もっと打てる想定だった。力のある選手たちだったが、勝たせてあげられなかった」。全責任を負い、肩を落とした。

 力を入れてきたという打撃は初回にいきなりその成果を発揮。平川聖が「絶対に塁に出る」と待っていたという内角のボールを左越え二塁打。続く工藤も右前打でつなぎ、内野ゴロの間に1点。鮮やかに先制した。

 しかしその裏、1年生のころから活躍してきた安定感のある主戦工藤が「緊張していたというのもあったが、相手打線が良かった。連打を浴びて動揺してしまった」。猛攻に遭い、大量失点。

 それでも経験豊富な左腕は「自分たちの打線なら4点差くらいならひっくり返せる。コントロールを重視して打たせて取る」。二回以降きっちり修正。丁寧にコースを突いた。

 工藤の粘投にバックも応えた。二回以降は無失策、押方らが好守を何度も披露した。六回2死満塁では平川聖が「これまでの打席の傾向から打球を予測した」。左翼線寄りの思い切ったポジショニングで安打性の打球をがっちりキャッチ。ピンチの芽を摘んだ。

 「いつも工藤におんぶに抱っこだったが、きょうは守備では別の選手たちが目立っていた」と指揮官。全員で耐えしのいで迎えた最終回、それまで沈黙していた打線が奮起。工藤、平川祥の連打で無死二、三塁をつくった。

 得点はできなかったが「最後まで諦めずに戦えた」と工藤。平川聖も「やりきった感はある」。少し泣いた後はスッキリとした爽やかな表情だった。


◇攻め切れなかった−飯干颯(主将)

 「相手投手の緩急にやられて攻め切れなかった。後半は『前で打つ』という自分たちの攻撃が出せたが、あと1本が出なかった。このみんなで野球をやるのが楽しかった。まだ一緒にやりたかった」


◇食らい付いた−平川祥(最終回無死一塁で右中間への二塁打)

 「(前の打者の)工藤に『つないでくれたら俺も絶対に後ろにつなぐ』と誓っていた。外角直球に食らい付いた」


◇立て直した工藤はさすが−佐伯(捕手)

 「(先発の)工藤の調子は悪くなかった。ただ相手打線が良かった。二回以降きっちり立て直した工藤はさすが。野手がしっかり援護しないといけなかった」

その他の記事/過去の記事
page-top