【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

日本のものづくり再発見

本紙掲載日:2018-07-10
7面
深川製磁の器の魅力を説明する竹内さん(右から4人目)

延岡で深川製磁の展示会

 佐賀県の有田焼窯元、深川製磁の展示会が7、8日、延岡市松山町の旬菜たけうち(竹内一代さん経営)で開かれた。両者のコラボ企画で、昨年に続き2回目。伝統的な柄から新作まで約200点を展示するとともに、その器でランチを提供した。

 深川製磁は明治27(1894)年創業。1900年パリ万国博覧会に出品した高さ2メートル超の対の大花瓶が金賞を受賞、明治43年に宮内庁御用達となった。

 伝統工芸士が一つ一つ緻密な模様を絵付けした器は高価なうえ、薄くて割れやすいため業務向きではないが、竹内さんは「美しいもの、日本の良い物を見ていただきたい」と、同社の器を時々使っている。

 この2日間のランチには、箸置きから菓子入れまで全て同社製を使用。参加者は、コーヒーを飲み終わると現れる模様や、見えない所にまで手の加えられた器を鑑賞しながら料理を味わった。

 竹内さんと深川製磁との関わりは36年前にさかのぼる。母親にもてなし用のティーセットを買ってもらったことが最初。一部欠けたり、ひびが入ったりしていたが、店を開業後に同社に金継ぎで修理をしてもらい、再び使えるようになった。

 竹内さんは「100円ショップで陶器が買える時代ですが、それでは日本のものづくりは衰退してしまう。良い物を修理しながら長く使うということの良さ、良い物を日常で使うことの心の豊かさを感じていただけたならうれしい」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top