【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

新市庁舎ってどんなとこ?

本紙掲載日:2018-07-06
7面
新庁舎の前で植野課長に話を聞く中川君(右)と土田君
日向市秘書広報課の計らいで市長の椅子に座る土田君と中川君(奥)

新しくなった日向市役所−富島中生が取材しました

 日向市富島中学校2年の土田瑛翔(あきと)君と中川悠一郎君は5、6日、夕刊デイリー新聞社日向支社で職場体験学習を行い、記者の仕事を体験しました。初日は、5月から業務が始まった日向市役所の新庁舎について市総合政策部新庁舎建設課の植野浩人課長から事業概要や主な特徴などの話を聞きました。土田君と中川君の記事を紹介します。


◆「木の香りはいいなぁ」富島中学校2年・土田瑛翔

 新庁舎は木材がふんだんに使われている。日向市駅と同じ香りがしたので「やっぱり木の香りはいいなぁ」と思った。

 全体で327立方メートル、その半数の168立方メートルは市有林のスギ材やヒノキ材を活用している。それ以外は美郷町や諸塚村、椎葉村など耳川流域の木材を使っているそうだ。

 旧庁舎は昭和39年に建設され、54年経過して老朽化が進み、耐震性も課題で地震が発生した時に壊れやすいという大きな問題があった。

 7年前の東日本大震災で被災地の市役所や町村の役場が壊滅的な状態になり、その後の災害復旧や復興に支障を来したそうだ。老朽化に加え、耐震性のある庁舎を造ろうという声が大きくなったという。

 また、行政の仕事の内容が昔に比べて多様化し、部屋が狭くなったため別館を造って部署が分散したことなどから利用者が不便になったり、住民サービスの低下につながったことも建て替えた要因の一つだそうだ。

 新庁舎は、それらを解消するため、本館の中で手続きなどの用事を済ますことができるように配慮して造られた。一般市民が利用するのは1階にある市民環境部や健康福祉部があるフロアが大半だ。できるだけ移動しないで一つのフロアで用件が済むように「ワンフロアサービス」になっている。

 市議会の議場内も市有林や耳川流域のスギ材を壁面や床材などにふんだんに使用している。議員席は従来の対面型からU字型に一新し、議案などの採決は各議員席に設置した押しボタンを押し意思表示できるようになっていた。本会議の様子もインターネット映像で配信しているという。

 今回初めて新庁舎を見学し、市民目線で環境面や安全面などについて配慮していることが分かった。北側入り口には市民が文化活動の発表や展示会ができる市民ホールという広いスペースもあり、誰もが安心して気軽に行け、親しみの持てる市役所になったと思う。


◆「市民の一人として安心」富島中学校2年・中川悠一郎

 新庁舎は旧庁舎に比べて防災面で優れている。新庁舎には大きな地震が発生しても壊れないように48本の大きな柱が立っている。その柱の下には大きな揺れを吸収する「免震構造」という装置を採用。そのため、南海トラフ巨大地震で想定される震度7クラスの地震に耐えることができる。

 また、市長室の近くに市の職員が情報収集したり、対策・対応を検討し、関係機関に伝達する「防災対策本部」を設けた。専用の部屋ができたのは今回が初めてで、普段は会議を開くなど有効活用しているという。大きな災害があった時に職員が仮眠したり、自衛隊の詰め所を想定した畳敷きの部屋も設けられた。

 新庁舎の長さは北から南まで約100メートル、西から東まで約35メートル、1周で270メートルある。建物の周囲には市民が気軽に集まってゆっくりと楽しい時間が過ごせるテラスを2〜4階に設置した。普段は一般市民に開放しているが、大地震など有事の際は外階段を利用して避難できる機能を兼ね備えている。2〜4階のテラスで合わせて5700人が一時的に避難できるという。

 また、新庁舎には停電時、通常の3割程度の電気の供給が7日間できるようになっている。非常用の飲料水は10立方メートルの浄水タンクがあり、1600人の3日分の飲料水を確保しているらしい。

 初めて新庁舎に行って、市民を地震や津波などの災害から守ってくれる機能がたくさんあることが分かり、市民の一人として安心した。今回、植野課長から聞いたことを多くの友人たちに紹介したいと思った。

その他の記事/過去の記事
page-top