【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

宮崎牛と鉄板焼きの魅力

本紙掲載日:2018-07-06
6面
鉄板焼きを学んだ延岡学園高調理科生

延岡学園高調理科・プロのシェフが指導

 延岡学園高調理科は4日、宮崎牛を使った鉄板焼きの授業を行った。宮崎牛を取り扱う大阪の鉄板焼きステーキ店「南海グリル」と宮崎市の「ミヤチク」が協力。授業では学ぶことのない鉄板焼きの技術をプロから教わり、最高ランクの宮崎牛を味わった。

 南海グリルとミヤチクが生徒たちに宮崎牛と鉄板焼きの魅力を知ってもらい、県内就職を含めた今後の職業選択に役立ててもらおうと同学園側に話を持ち掛けて初めて実現。

 この日はA5等級の宮崎牛が用意され、ステーキ、ピラフ、デザートの3品を作った。南海グリルとミヤチクのシェフら5人が3年生27人に指導した。

 ステーキについては鉄板上にたらしたブランデーを燃やして香り付けするフランベや食べやすくカットするコツ。ピラフは両手に持ったスケッパーの上手な使い方などを教えた。

 また、客の年齢層や食べるペースなどを見ながら味付けや提供するタイミングを調整したりするなど、客と対面して調理することの多い鉄板焼き店ならではの魅力も説明した。

 南海グリル鉄板統括料理長の藤原隆司さん(47)は「自分のカラーが鉄板の上に出ることも良さ。多感な時期に宮崎牛を味わうことが一番で、地元を知り、その魅力をアピールできることは強みになる」とアピール。

 甲斐元気さんは「鉄板の上でカットするのは難しかった。宮崎牛は初めて食べたけど、口の中でとけるようでおいしかった」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top