【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

合同稽古に励む

本紙掲載日:2018-07-03
9面
杖道講習会と昇段審査を受講した県剣道連盟居合道・杖道支部の皆さん(提供写真)

第1回杖道講習会・審査会−宮崎市で

 県剣道連盟居合道・杖道支部(黒木山雄支部長)主催の平成30年度第1回杖道講習会・審査会は6月9、10日、宮崎市の佐土原武道館で、県内で杖道の稽古に励む小学生から一般までの選手たちが参加して行われた。

 錬士杖道6段の坂本和久さんと、杖道5段の奈須正洋さんが講師を務めた。初日は開講式に続いて、基本動作や相対動作、制定形などを、両講師の指導を受けながら合同稽古に励んだ。

 2日目は制定形の通し稽古で汗を流した後、昇級・昇段審査が行われた。最年少は8歳、最高齢は73歳と幅広い層の選手たちが審査に挑み、学科と実技で日ごろの修練と講習会の成果を披露。全員が昇級・昇段を果たした。

 黒木支部長はあいさつで「福岡・黒田藩で生まれた杖道は、その昔、宮本武蔵の二天一流の技を破ったと伝わっている。全日本剣道連盟の多くの杖道の中から選ばれ、戦後も変わることなく指定されている。皆さんはこれからも、武道家としての誇りを持ち、修行に打ち込んでいただきたい」と講評した。

 昇級・昇段者は次の通り。かっこ内は年齢。

▽4級=土蔵翆羽(8)
▽1級=土蔵颯羽(11)
▽初段=原田毅(60)、河野由美子(45)白坂淳子(49)脇田義一(47)得能幸一郎(20)内田義彦(41)藤原トキエ(73)岩切恭一(50)大迫健(63)
▽2段=山口太一(16)
▽3段=平岡信之(65)

その他の記事/過去の記事
page-top