【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

戦時下を生きた人々の姿描く

本紙掲載日:2018-06-15
7面
黒木民雄さん(右)にインタビューする小倉哲さん

MRTラジオ「うまれたまちで」(6月29日放送)制作進む

 特攻出撃する息子を見送り、延岡大空襲では家までも焼かれた父親のやり場のない怒り、母親や弟、妹の悲しみ−−昭和20年、延岡市の家族を襲った悲劇を描くMRTラジオドラマ「うまれたまちで」が29日午後1時から放送される。番組を手掛けるのは、延岡市出身でMRTラジオチーフディレクター小倉哲さん(40)だ。厳しい時代を懸命に生きた人たちの姿を描き出そうとしている。

 作品のモデルは、延岡市北町で生まれ育ち、昭和20年5月11日に鹿児島県知覧基地から出撃した特攻隊長の黒木國雄さんとその家族。

 父親の肇さんは、数々の偶然が重なり息子の出撃を見送った。その1カ月半後、延岡の街は大規模な焼夷(しょうい)弾攻撃を受ける。

 黒木家のあった川中地区は焼け野原となり、家族も命からがら逃げ延びた。さらに戦後、出撃間際に國雄さんから渡された軍刀の提出を命じられ、折らざるを得なくなった。

 ドラマに出演する延岡市や宮崎市の役者たちのせりふ収録が終わり、爆撃機や焼夷弾投下などの効果音の制作などが順調に進んでいる。そんな中、小倉さんは、黒木家の次男で〃折れた軍刀〃を受け継ぐ民雄さんにインタビューした。

 兄から届いた遺書、辺り一面が火の海となった延岡大空襲、父親が戦後に抱えた後悔…小倉さんはドラマで描くさまざまな場面で、当時小学生だった民雄さんがどのように感じたのかなどを一つ一つ確認するように質問。民雄さんは実際の遺書や写真などを見ながら振り返り、ひときわ力を込めて平和への願いを語った。

 小倉さんは今年2月に宮崎市であったドラマの原作となる舞台「うまれたまちで」を鑑賞した。自身も黒木家と同じ川中地区の出身。延岡小、岡富中、延岡西高を卒業した。

 中学時代を過ごした学校の塀には、大正初期に造られ戦災と火災に耐えた「からみれんが」が使われているが、延岡大空襲については授業や資料を通じた「知識」のみだったことに気付いた。

 終戦から70年以上たった現在、こうした悲劇をどう後世に伝えるかを考えたとき、創作に触れて心が動くことが有効だと考えた。

 「記録として残る戦争は知られているが、当時どんなことがあり、人々は何を思っていたのかを描きたい。ラジオドラマに共感してもらうことを通じて戦争を〃記憶〃としてとどめてもらいたい」と話した。

 ラジオドラマ「うまれたまちで」は、延岡大空襲があった29日の午後1時からMRTラジオで放送される。約90分間。地上波ラジオ放送をインターネットで同時に配信する「radiko.jp(ラジコ)」でパソコンやスマートフォンでも聞くことができる。

 また、同じ黒木家を題材にした演劇「うまれたまちで」は7月7日午後2時から野口記念館で上演される。

その他の記事/過去の記事
page-top