【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

デイリー健康大学延岡会場(下)

本紙掲載日:2018-06-06
3面
画像を見せながら説明する甲斐医師

「デイリー健康大学世代に贈るお口のあれこれ」甲斐歯科医院・甲斐航太院長

◆低栄養が招く介護状態・悪循環−筋肉、運動量も食欲も減

 低栄養についてお話しします。低栄養が原因で筋肉量が減少してサルコペニアになり、サルコペニアが原因でフレイルになり、フレイルが進行して介護状態になることもあるので、栄養を取ることは重要です。

 低栄養の高齢者の割合は、65歳以上で16・7%、80〜84歳で20・2%、85歳以上で29・1%、在宅医療高齢者は36%で33・8%が低栄養の恐れがあるという研究結果があります。

 知らず知らずのうちに陥ってしまうこともあるので、普段から気をつけてください。

 要因としては、孤食による食欲の低下や固定されたメニューなどの生活環境、味覚や嗅覚の鈍りなど加齢による体の変化、疾病などが挙げられます。

 食欲がなくなるとたんぱく質やエネルギーなどが摂取できずに、体重や筋肉量が減少します。そうなると体力や活動量が落ちます。動かないとおなかが減りにくくなるので食事回数が減るというような悪循環が生じます。

 予防するには、.丱薀鵐垢領匹た事⊃事の回数を増やす食べやすい形態にするいかずから食べる―ことが必要です。

 バランスの良い食事については、たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルの五大栄養素を摂取することが理想的です。

 単品の献立になってしまっているという人は例えば、ご飯にシラスを加えたりするなど普段の食事に1品加えることから始めましょう。

 魚や肉の缶詰、冷凍野菜などは調理の手間がかからずに栄養補給に役立つので、常備しておくといいと思います。

 食事の回数を増やすことについては、1度の食事量を増やすことが難しい場合に取り組みましょう。1日3食にこだわる必要はありません。1食分を2回に分けたり間食を加えたりすることで、1日の栄養摂取量を増やすことができます。

 かんだり飲み込んだりする力が弱くなった人にとっては、サラサラ、パサパサ、モチモチした食感の食べ物は要注意です。肉や貝類など、硬くてかみ切りにくいものは食が進まない原因となるので、軟らかく調理したりとろみを付けたりするといった工夫が必要です。

 お米や麺などの主食はおなかが膨れやすいので、おかずから先に食べてみてください。そうすることで、体に必要なたんぱく質を取りやすくなります。

その他の記事/過去の記事
page-top