【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

アユ漁解禁−五ケ瀬川

本紙掲載日:2018-06-01
1面
友釣りで掛けたアユを豪快に取り込む釣り客(1日午前、日之影町の五ケ瀬川で)

日差しに銀鱗−県内外から釣り客

 五ケ瀬川などで1日、アユ漁が解禁し、待ちかねた県内外の釣り客が夜明けと共にアユの感触を楽しんだ。

 今年は、昨年に続いて天然アユの魚影が濃いなど前評判は上々。梅雨の中休みの晴れ間も広がり、好ポイントが点在する五ケ瀬川上流部を中心にさおが林立した。

 このうち、日之影町の「カンバの瀬」には10人ほどがウエットスーツ姿で川に入り、おとりを泳がせて掛ける「友釣り」でアユを狙った。明け方は低調だったものの、川面に日が差し込むと同時にアユの活性が上がり、両岸で釣果が相次いだ。

 毎年解禁日に訪れているという宮崎市の会社員宮本健一さん(46)は、午前9時ごろまでに10匹を超す釣果。中には全長22センチの良型も交じった。宮本さんは「雨で水温が下がったせいか、前評判の割には掛かりが悪い。ただ、型のいいアユもおり、これからに期待したい」と話していた。

 1日は門川町の五十鈴川も解禁。延岡市の北川と日向市の耳川は10日、延岡市の祝子川は7月1日に解禁する。

その他の記事/過去の記事
page-top