【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

議会をもっと身近に−日之影町議会

本紙掲載日:2018-05-31
3面
日之影町役場の議場で開かれた町議と町民との意見交換会

議場で町民と意見交換

 日之影町議会(杉本道生議長、8人)は25日、町役場の議場では初めてとなる町民との意見交換会を開き、町内11団体の代表者と町政の課題などについて語り合った。

 意見交換会は、町民の声を議会活動や政策立案につなげようと、平成28年1月から定期的に開いている。今回は議会の雰囲気をより身近に感じてもらうとともに、10月に予定されている町議選の啓発も兼ねて議場での開催を企画した。

 この日は、議員席に座った各団体の代表者が「私の描く将来の日之影町」をテーマに1人3分程度で発表し、執行部席に着席した町議がコメントする形式で進められた。

 このうち、町自治公民館連絡協議会の矢野和文会長は「新たな魅力を生み出し、発信していくために世界農業遺産とユネスコエコパークを活用しない手はない。地域資源を複合的に生かせば観光客の増加や移住・定住にもつながるのでは」と提案。これに対し、町議は「町内には観光の要素になるものがたくさんある。いかにして与えられた自然環境を最大限に生かしていくかが重要」と返答した。

 ほかにも、「学校の空き教室を保育所や高齢者のサロンなどとして利用できないか」「教育の一環として町内の空き家を改装し、日之影の魅力を学ぶ塾を開いては」「高齢者がいつまでも農業に携われる環境づくりを」「若手農業従事者がもっと農業に専念できるような環境整備を」などといった声が聞かれた。

 最後は会場に設けられた傍聴席からの発言も許可され、議員のなり手不足を解消する手だてとして「平日の夜間や、休日に議会を開いてはどうか」という提案も出された。

その他の記事/過去の記事
page-top