【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

地元の焼酎や焼き肉を満喫

本紙掲載日:2018-05-15
8面
酌みたての焼酎で乾杯
感謝を述べる水江会長
開会を前に神楽を奉納する尾崎神楽保存会
関係者で限定酒のたるを割って鏡開き
延岡産の肉と野菜を使った焼き肉を楽しむ来場者

佐藤焼酎製造場−延岡

◆創業113年、初の蔵開き

 延岡市の焼酎蔵・佐藤焼酎製造場の蔵開きが13日、祝子町の同社であり、地区内外からの人たちでにぎわった。明治38年の創業から113年を迎えた、同社初の蔵開きイベントで、蔵出しの焼酎や延岡産の牛豚鶏と地取れの野菜を使った焼き肉など、おいしい物がそろった会場で休日を満喫した。

 水江順治会長は「創業から113年。造り酒屋は製造業ですが、農業と深く結び付いており資本は農業です。JA延岡と共に取り組む地産地消で、これからも生産者の方が心を込めて作ってくれた素晴らしい原料を使って焼酎を造ることを心掛けます。地域の皆さまと共に生き、共に作り、未来へつないでいきたい」とあいさつした。

 来賓の読谷山洋司市長と山本照弘JA延岡組合長があいさつ。蔵開きの盛況をたたえ、同社の発展に期待を寄せた。

 来賓と関係者が限定酒のたるを割って鏡開きをした後、宮崎ひでじビール永野時彦社長の音頭で乾杯。

 永野社長は「県外、海外での展開を考えていますが、まずは地元延岡の皆さんに〃のべおか三蔵〃の素晴らしさを知っていただき、発信していただきたい。きょうは、こちらの蔵で出来た素晴らしい焼酎を楽しんでください」とあいさつ。酌みたての焼酎を手に、笑顔で乾杯した。

 ステージでは、尾崎神楽保存会が神楽を開場前に奉納したほか、正午すぎにも「蔵開き限定酒」を祈願する舞を披露した。

 会場には、お酒に合う料理や和洋のスイーツ、海産物の出店が並び、お祭りムードを演出。川原崎町のJA延岡本店から無料のシャトルバスが運行されたこともあり、訪れた人たちは心ゆくまで焼酎と地元のおいしい物を満喫していた。

その他の記事/過去の記事
page-top