【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

最優秀協力会社賞を受賞

本紙掲載日:2018-05-14
2面
Bクラスの最優秀協力会社賞に輝いた武田自動車整備工場の社員ら

武田自動車整備工場−門川

 プレステージ・インターナショナル主催の2017年度「ロードサービスマネジメントアワード」の表彰式がこのほど、東京都千代田区のホテルグランドアーク半蔵門であり、門川町の武田自動車整備工場(武田健代表取締役)がBクラスで1位の最優秀協力会社賞に選ばれた。

 プレステージ・インターナショナルは、年間ごとに提携しているロードサービス業者の出動率や顧客満足度などを数字化し表彰を行っている。部門はSA(年間1000件以上)、A(同601〜999件)、B(同120〜599件)、C(同350件以下)クラスに分かれており、武田自動車はBクラスに分類される。

 武田晃一郎専務によると、Bクラスは激戦区で、全国数千店のロードサービス専門業者や自動車会社などが加盟。そのうち、表彰の選考対象となるのは、一定の出動率を擁し、顧客満足度の高い約200社に絞られるという。

 4月に行われた表彰式には、全国から約300社が出席。各クラスが表彰され、いよいよBクラス。1位である最優秀協力会社賞として武田自動車の名が呼ばれ、100点中97・88の高得点で頂点に輝いた。

 武田自動車はレッカー事業に取り組み始めた3年前から同アワードに出席するも、一昨年、昨年ともに10位圏外だったため、「今回も勉強会がメーンだと思って出席していた。選ばれてびっくりした」と晃一郎専務。

 ロードサービスは365日24時間のため、武田自動車では常に2人を待機させ、大型連休や年末年始には4、5人態勢をとっている。プレステージ・インターナショナルからの出動要請に対する出動率は100%という。

 業務はタイヤのパンク、鍵の車内閉じ込みなどさまざま。レッカー部の堀川智史部隊長は、熊本地震の際に10日間車内泊をして、バッテリーあがりのエンジン始動作業に当たったことや、東京都などのレッカー移動などを振り返りながら、「やっぱりお客さんに感謝されることが一番のやりがい」と笑顔。

 晃一郎専務は「全国一を目標に働いているわけではないが、やはり受賞はうれしい。これからも当たり前に業務に取り組みたい。一緒に働いてくれる人も募集中です」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top