【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

シートベルト−後部座席も忘れずに

本紙掲載日:2018-05-08
3面
シートベルトコンビンサーを体験する親子と着用の重要性を呼び掛けるJAFの職員

道の駅北浦−JAFがイベント

 後席シートベルトの着用とチャイルドシートの使用を啓発しようと日本自動車連盟(JAF)宮崎支部(百野正剛支部長)はこのほど、道の駅「北浦」で交通安全イベントを開いた。車が衝突した際の衝撃を体験できる機械などを使った講習を実施。シートベルト着用の重要性などを呼び掛けた。

 警察庁とJAFの共同調査によると、県内の一般道での後席シートベルトの着用率は3割強で、チャイルドシートの使用率は6割弱。この現状を受け、県北では北浦と北川の道の駅で行った。

 参加者は、時速5キロの衝撃を体験できる車両「シートベルトコンビンサー」に乗車。想像以上の衝撃に「おー」「怖い」などと声を上げて驚いていた。

 交通ルールなどを問うクイズに答えると免許証が発行されるコーナーも設置。挑戦した子どもたちは「子ども安全免許証」がプレゼントされると喜んだ。

 JAF職員2人がチャイルドシートの無料点検や取り付け方のアドバイスも実施。参加した家族連れなどに「身長が140センチ以下のお子さんはジュニアシートを使ってください」「時速60キロで追突した時は2トンの衝撃がかかります」などと伝えた。

 シートベルトコンビンサーを体験した北浦小学校3年生の甲斐杏寿さんは「怖かった。シートベルトはちゃんとした方がいいと思いました」。大分県から家族6人で訪れた河野能孝さん(38)は「時速5キロでこれほどの衝撃だとは思わなかった。子どももいるので、着用と安全運転を心掛けたい」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top