【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

幸脇小跡、コールセンターが開所

本紙掲載日:2018-05-08
3面
テープカットで開所を祝った(7日、旧幸脇小学校体育館)
新規に雇用されたスタッフの紹介もあった
あいさつするテレネットの目黒社長

テレネット、8日から業務−日向

◆新規雇用5年間に125人−託児所を併設

 国内外でコールセンターを運営するテレネット(本社・東京都、目黒一秋社長)は7日、旧幸脇小学校跡地に社内託児所を併設する「テレネット日向コンタクトセンター」を開所した。5年間に125人を新規雇用する計画で雇用創出や地域活性化に期待がかかる。

 開所式は、関係者や新規入社の約100人が出席。あいさつで、目黒社長は137年で幕を閉じた幸脇小学校の歴史を思いやり、「チャンスをいただいた。大切に使うことはもちろん、日向市や地域に貢献できるよう頑張っていきたい」とあいさつした。

 来賓の十屋幸平市長は、「地元に根づいた企業として地域貢献に大きく寄与していただけるものと期待している」。曽祖父が幸脇小の初代校長で自身は閉校式の実行委員会長を務めたという幸脇区の三木修一区長(69)は、「閉校後わずか2年で活用してもらえることはありがたい。人が増え、少しでも幸脇がぎやかになればいい」と述べた。

 新たに雇用された26人を代表して、県北出身者の山元航平さん(22)が「日本の〃ひなた〃宮崎県の良さを最大に生かしクライアントに愛されるサービスを提供し、地域活性化に大きく貢献します」と決意を述べた。

 その後、目黒社長や十屋市長ら関係者がテープカットを行い、門出を祝った。

 日向コンタクトセンターは、顧客からの問い合わせや注文の受け付け、商品説明窓口など、電話受信業務を展開。ICTやAIを活用した最先端のコールセンターで、8日から業務を開始した。

 社内託児所(仮・日向インターナショナル保育園)は、同社の海外拠点を通じてスタッフを招き、英語教育に力を入れる。12月ごろに開園する予定で、同社スタッフの子どもだけでなく、地域の子どもたちも受け入れる。

 コンタクトセンターにはすでに初期メンバーとして30人を雇用しており、夏以降にも募集を行うという。

その他の記事/過去の記事
page-top