【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

大神のりえさん春に歌う

本紙掲載日:2018-05-01
6面
語り掛けるように歌う大神のりえさん

ハッピーバリーコンサート

◆ピアノ演奏や合唱なども

 インド国際子ども村ハッピーバリー(大神のりえ代表)の「春のチャリティーコンサート」が22日、延岡市鶴ケ丘の本部で開かれた。

 声楽にも取り組んでいる大神代表が日本歌曲や「懐かしの女学生メドレー」などをソプラノ独唱。佐藤直子さん(延岡市在住)と児玉裕子さん(宮崎市在住)のピアノデュオ「スイートエコー」はブラームスの「ハンガリー舞曲第4番」などを連弾。佐藤さんが指導する女声合唱団コール・ベルは、延岡市出身の大藤史さんが作曲した「ラテンの真夜中」を歌うなど、多彩なプログラムで来場者を楽しませた。

 また、大神さんは、かつてハッピーバリー平和キャンプに参加した子どもから「今自分が青年海外協力隊員としてケニアに来ているのは、ハッピーバリーに行ったことがきっかけになっている」と電話をもらったことを話した。来場者は、ハッピーバリーが子どもたちの国際的視野を育てていることを再確認していた。

◆秋のコンサート9月30日に開催

 同コンサートは、活動資金づくりを目的に毎年春と秋に行っている。春は4月29日、秋は11月3日と決めているが、今年は都合で両方とも変えた。春コンサートは1週間前倒しした。秋は9月30日午後2時から延岡市愛宕町の「アートホールmimoza」(岩田歯科)で開くことにしている。

◆平和キャンプに参加しよう

 インド国際子ども村ハッピーバリーは、小学4年生から高校3年生までを対象に、7月22日から2週間インドを訪れる「第27回平和キャンプ」の参加者を募っている。延岡市内在住の参加者には先着3人まで、市から渡航費の補助がある。現在2人が決まっている。

 参加を検討したい人は、5月3日午後4時から延岡市鶴ケ丘の本部で開く研修会に参加してほしいと呼び掛けている。

 研修会では、インドでのスケジュールを作ったり、英語と現地の公用語カンナダ語での自己紹介の仕方を練習したりする。

その他の記事/過去の記事
page-top