【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

かわまち交流館が開館

本紙掲載日:2018-05-01
2面
家族連れでにぎわった「かわまち交流館」のオープニングイベント
子どもたちに大好評だった魚のつかみ取り

延岡の「食」の拠点施設

◆オープニングイベントにぎわう

 延岡の「食の拠点施設」として、延岡市が同市大貫町の大瀬川左岸に整備した「かわまち交流館」の利用が4月28日からスタートした。同月29日の2日間、同館や隣接する広場でオープニングイベント「のぼるくんかわまちフェスタ」が開かれ、多くの家族連れなどでにぎわった。

 かわまち交流館1階は、行縢地鶏カレーやトマトとアボカドの冷製パスタなど、延岡産食材を使ったメニューを提供する「かわまち食堂」が開店し、大勢の来場者が舌鼓を打った。2階は、のぼりざるフェスタマスコットキャラクターの「のぼるくん」の塗り絵などが楽しめる「のぼるーむ」があり、親子が楽しんだ。

 同館南側に隣接するかわまち広場では、郷土玩具「のぼりざる」のように木登りを体験する「わんぱくのぼりざる」をはじめ、ボルダリングやエアドーム式の遊具などが設置され、子どもたちに大人気。魚のつかみ取りでは、びしょぬれになりながらニジマスをつかまえる子どもたちの歓声が響いた。

 大型連休で大阪市から家族で帰省し、友人家族と4月28日に同館に来場した小西麻紀さん(41)は、「子どもたちと輪投げや塗り絵などができて、すごく楽しかった。川辺で水に親しめるようになっているので、遊びにも来やすいですね」と話した。

 同館は木造2階建て、延べ床面積約593平方メートル。大広間や窓際席、厨房などがあり、客席数は220席。休館は12月31日と1月1日。あゆやな期間中は食事棟として活用されるが、それ以外は食のイベントや市民の健康増進、河川に関する催しなど各種イベントにも使える。

 利用料金は、飲食店利用の場合が1日当たり5000円から売上額の7%まで(あゆやな期間を除く)。一般利用の場合は、1階の大広間と厨房、2階広間が1時間当たり700円、1階窓際席が同500円。冷暖利用は同200円など。

 利用申請などの問い合わせは、延岡観光協会(電話延岡20・5010)へ。

その他の記事/過去の記事
page-top