【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ようこそ延岡へ

本紙掲載日:2018-04-27
3面
「県北の地域医療を守る会」による歓迎の手紙などの贈呈式

延岡病院の新任医師らを歓迎

◆地域医療を守る会、感謝の手紙贈る

 県北の地域医療を守る会(廣瀬武男会長)は25日、延岡市の県立延岡病院を訪ね、この春に着任した新任医師と研修医に歓迎の手紙を贈った。同会は、地域医療を担う医師たちに感謝と「ようこそ延岡へ」という歓迎の気持ちを伝えるために毎年行っている。

 同病院には、4月から新任の医師と研修医合わせて20人が着任。廣瀬会長と役員の木村民子さん、事務局長の福田政憲さんが訪問。心臓血管外科の松山正和医長、泌尿器科の藤田直子副医長、研修医の大原佑子さんと対面した。

 福田さんが、市民の立場で展開している地域の医療資源を守るための活動を紹介したほか、手紙の趣旨を説明。廣瀬会長は「手紙は、県北のために頑張っていただく医師の皆さんとの信頼関係を築く一助となるようにと守る会のメンバーが一つずつ手書きしたものです。延岡に親しんでいただき、好きになっていただければうれしく思います」とあいさつ。手紙のほか延岡の観光パンフレットと銘菓などが詰まった袋をそれぞれに手渡した。

 松山医長は「(会の啓発のおかげで)不要不急の急患も減っており、医師の立場からは言えないことを言ってもらって助かっています。延岡での勤務は3回目ですが、地域の皆さんにより良い医療を提供できるよう努力します」と抱負。

 藤田副医長は「延岡は初めてで、まだ3週目ですが、患者さんも優しい方が多く、しっかり働こうと思っています」。大原医師も「来年も引き続き研修医の数が増えるよう努力していきます」と話し、気持ちを新たにしていた。

その他の記事/過去の記事
page-top