【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

飯干喬啓さんが随筆集

本紙掲載日:2018-04-18
2面
飯干喬啓さん
「エノラゲイの発進地」

「エノラゲイの発進地」を発刊−延岡

 延岡市の飯干喬啓(たかひろ)さん(76)=飯干商事会長、若山牧水延岡顕彰会会長、早稲田大学校友会延岡稲門会会長=が随筆集「エノラゲイの発進地」を発刊した。

 10年ほど前に出した「棚から牡丹餅(ぼたもち)」に続く2冊目。その後、折々に書き留めてきた随想、スピーチ原稿などの中から23編を掲載した。

 そのうちタイトルに取った「エノラゲイの発進地」は、広島、長崎に原爆を投下したB29「エノラゲイ」が発進したテニアン島を4年前に訪ねた時の思いを書いた。

 それは―「戦争は非人道的な行為を正当化してしまう。敵を殺すことが正義の行為となる。平時の倫理観が全く通用しない世界となる…視野狭窄(きょうさく)症にならないことだ。むきにならないことだ」などと書き「いささか熱くなりましたね」と結んでいる。

 ほかに、国際交流員が自宅に下宿した「下宿人はオージー娘」、お医者さんの言葉で回復した「ドクターの一言」、50年ぶりに届いた「一枚の年賀状」などがある。

その他の記事/過去の記事
page-top