【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

小屋のバイオトイレ更新

本紙掲載日:2018-04-12
3面
祖母山九合目小屋(豊後大野市提供)

祖母山九合目−豊後大野市

◆山開き前に使用再開

 祖母山(標高1756メートル)の「九合目小屋」を管理する大分県豊後大野市は、小屋のバイオトイレを更新する。4月末に工事を終え、大型連休中の5月1日以降に使用できる見通しだ。また、小屋の利用料金などを定めた条例を廃止、1日から無料化した。

 市商工観光課によると、小屋は平成8年に旧緒方町が建て替えた。現在のトイレもその際に設置されたが、老朽化や落雷による太陽光発電装置の故障などで十分に機能しない状態が続いていた。

 更新するバイオトイレは、排せつ物の水分を杉チップに吸着させ、微生物の力で分解処理する仕組み。くみ取りが不要で悪臭もないという。

 今回は、処理槽と撹拌(かくはん)用のモーターを動かす太陽光発電装置を新しくする。事業費1115万円のうち、670万円が国、大分県の補助。麓からヘリコプターで資材を運搬し、30日までに作業を終える計画だ。

 祖母山は、宮崎、大分両県にまたがる「祖母・傾・大崩ユネスコエコパーク」の中核。登山届から推定した年間の登山客数は、豊後大野市が約1万人、高千穂町が約1万2700人(平成29年)。山頂周辺のトイレは九合目小屋の1カ所しかない。

 「エコパークの登録によって登山客の増加が見込まれる。トイレは環境面にも配慮しており、登山客に安心して使ってほしい」と豊後大野市商工観光課。一方、今後の維持管理について同市の川野文敏市長は、2月に延岡市で開かれた祖母・傾・大崩ユネスコエコパーク推進協議会でエコパークを構成する他の5市町に支援を求めた。

 高千穂山の会の佐藤利治会長は「祖母山は宮崎県側からの登山客が多い。子ども連れや女性が最も気になるのがトイレ。施設の更新は大変ありがたい」と話していた。

 祖母山の山開きは、5月3日午前11時30分から山頂で行われる。

その他の記事/過去の記事
page-top