【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡市愛宕町にアートホール誕生

本紙掲載日:2018-03-13
6面
「アートホールmimoza」と岩田典子さん

オーナーはピアニストの岩田典子さん

◆3月末から「こけら落としピアノ演奏会」

 延岡市愛宕町の元岩田歯科医院が「アートホールmimoza」に生まれ変わった。オーナーでピアニストの岩田典子さんは、3月末から4月中旬にかけて「こけら落としピアノ演奏会」を開き、ホールをお披露目する。

 平成28年4月30日に閉じた同医院の診療室(床面積40平方メートル)をホールにした。床には木目調のシートを張り、窓のブラインドをカーテンに変えた。窓からは岩田さんが好きで庭に植えているミモザの黄色い花が見える。

 奥にグランドピアノを据え、手前をフリーにした。折り畳み椅子で40席程度がつくれる。診察受付に使っていたカウンターはそのまま入場受付所にした。

 条件が合えば、2時間1000円で貸し出すという。コンサートのほか、ピアノ練習、趣味の教室などの用途が考えられる。

 岩田さんは「音楽を気楽に、身近に聴いていただける場所にしたい」と願っている。

         ♪      ♪      ♪

 「こけら落とし」は3月31日、4月7、8、14日のいずれも午後2時から。岩田さんがショパン、シベリウス、ピアソラ、石黒りかさんの曲を独奏する。

 岩田さんは重い難聴を患いながらも、指先の感覚と音を一つ一つ結びつけることで演奏活動を続けており、「ピアノパラ2017」(旧国際障害者ピアノフェスティバル)の日本代表選考会で「聴衆賞」を受賞した。難聴発症前に聞いたことがない新曲は、最初は全く曲の流れもハーモニーもつかめないが、何度も弾くうちに音楽が頭の中で鳴り始めるという。そして、恩師米良奈甫子さん(宮崎市)の耳を借りて確認していく。今回演奏するシベリウスの「ロマンティックな情景」「悲しきワルツ」などは、そうして手に入れた新曲だ。

 石黒りかさん編曲「夕焼け小焼けのバリエーション」は「ピアノパラ」で演奏した曲。ほかにショパンの「エオリアンハープ」「別れの曲」、ピアソラの「カフェ」「ブエノスアイレスの夏」などを演奏する。

その他の記事/過去の記事
page-top