【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

エンクロス、初日から論戦

本紙掲載日:2018-03-06
1面

延岡市議会3月定例会−6日から代表質問

 延岡駅前複合施設「エンクロス」の開業日を延期する考えを示している延岡市の読谷山洋司市長は6日、平成30年度一般会計当初予算に開業に必要な予算を計上しなかった理由について、「経費に対する費用対効果を検証した上でないと、責任を持って提案することはできないと判断した」と述べた。市議会3月定例会代表質問で甲斐行雄議員(友愛クラブ)の質問に答えた。

 甲斐議員は、「エンクロス」が、延岡駅周辺を核とする中心市街地活性化のための拠点施設であり、「駅まちエリアの全体のにぎわい創出を願う多くの市民団体、事業所、商店街の皆さんがオープンを心待ちにしていた」などと現状に触れ、開業に必要な予算を計上しなかった理由を質問。

 読谷山市長は「指定管理料の金額を事前に明らかにした上で、着工の是非を判断すべき。また、管理経費約1億3500万円に対する費用対効果を検証した上でないと、責任を持って提案はできないと判断した」と答弁。開業日を6月30日までに定めるとする同施設の条例改正案を本会議に提案している点から、「早期に費用対効果の検証を行いたい」とした。

 また、開業延期に伴う影響など甲斐議員の危惧に対し、市長は「さまざまな影響を認識している」と所感。最も大きな影響が予想される指定管理者のカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)については、「直接出向いて社長に判断の理由等を説明し、現在も継続して協議している。今後も関係者に丁寧に説明し、理解をいただく努力をしたい」との考えを示した。

 今後のスケジュールについては、駅前複合施設の開業日を延期する条例案を本議会に提案している経緯から、「さまざまな影響を考慮し、早期に結論を出さなければならない問題意識の中で、期限を6月末までとしている。本議会の審議内容を踏まえ、市民のパブリックコメントの形などで意見を聞き、関係者との協議を重ねながら、費用対効果等を検証し、開館の判断をしたい」と述べた。

その他の記事/過去の記事
page-top