【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

日向ひょっとこ夏祭り−優秀賞

本紙掲載日:2018-03-06
1面
受賞式であいさつする是沢前実行委員長

県内では3件目−ふるさとイベント大賞

 地域の活力を生み出す取り組みを表彰する「ふるさとイベント大賞」で、日向市の夏の風物詩「日向ひょっとこ夏祭り」が優秀賞に選ばれた。県内では美郷町南郷の師走祭り、西都市の西都古墳まつりに続き3件目となる。

 同賞は、一般財団法人地域活性化センターが主催し22回目。全国各地で開かれている地域イベントなどを表彰し、全国に向け発信する取り組みという。今回は全国の都道府県推薦で125件の応募があり、大賞と最優秀賞に1件、優秀賞に3件など計8件が受賞した。

 日向ひょっとこ踊りは明治時代、塩見の永田地区に眼科医として開業した橘公行医師により伝えられたとされる。祭りは、地域の活性化や観光振興などを目指し、昭和59年から始まった。

 祭りではひょっとこ、きつね、おかめ面を着け赤い法被に身を包んだ踊り手が、テンテコテンのリズムで全身をくねらせ踊る。昨年は接近する台風の影響で参加連は減ったものの、一昨年には全国から119連約2200人の踊り手、来場者数は約7万4000人を記録するなど、年々その規模は大きくなっている。

 受賞式は1日に東京都内であり、是沢利保前実行委員長らが出席。是沢前実行委員長は「受賞は伝統を守り続けてきた橘ひょっとこ踊り保存会、実行委の先輩たち、愛好家の皆さんなどのおかげ。いま以上に知名度が高まることを期待しており、さらに日向の夏が盛り上がるとうれしい」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top