【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

豊漁、海産稚アユ漁

本紙掲載日:2018-02-23
3面
稚アユを海に返すため門川湾内のいけすから取り出す漁業者

門川町、日向市の3漁協−採捕し余った200キロを放流

 門川町と日向市の3漁協は22日、海産稚アユ漁が県の規定採捕量の上限390キロに達したため、捕って余った約200キロを五十鈴川の河口に放流した。今年は2日間で上限に達するほどの採捕量で、関係者らは豊漁を喜んでいる。

 県水産政策課によると、資源保護のため平成25年から稚アユの採捕量は制限されており、庵川・門川・日向市漁協を合わせた今年の上限は昨年と同じ390キロだった。漁には2、3年周期で波があるとされ、昨年が豊漁だったことなどから関係者の期待は高かったという。稚アユ漁は今月13日に解禁され、2日間で上限に達し漁を終えた。

 採捕量は、網で捕獲した際は目視でおおよその量を量っているため、水揚げ時に正確な量が分かった後、上限を超えた分を放流している。この日は漁業者ら約20人が参加。門川湾内のいけすから数センチの稚アユ約200キロを取り出し、漁船で五十鈴川の河口まで運び海に返した。

 門川漁協の黒木巧組合長は「昨年12月ごろから稚アユの姿が多く見られ、今年は魚影が濃かった。長年にわたって漁を続けているが、門川・日向では資源が減っているという実感はまったくない」と話していた。

 採捕量を減らすなどして資源保護に取り組んでいる県は、平成28年11月に「五ケ瀬川水系のアユ資源回復に向けた取り組み方針」を策定しており、稚アユの減少が著しい延岡湾では、2年連続で漁が行われていない。今後の調査結果で資源の回復が確認できなかった場合、来年からは門川湾と日向湾での採捕も休止するという。

 県水産政策課は「関係する方々の負担は大きくなるが、稚アユには半径20キロを回遊する習性があるとされ、資源の回復には地域が一体となって取り組む必要がある。関係する皆さまにはどうか理解してもらい、資源の保護に協力してほしい」と求めている。

その他の記事/過去の記事
page-top