【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

最優秀賞に上杉さん

本紙掲載日:2018-02-20
3面
意見発表する上杉消防士

延岡市消防・若手の意見発表会

 平成30年の延岡市消防職員意見発表会が2月16日、同市消防本部(上ノ原一道消防長)であり、入庁5年目の若手消防士5人が若者らしい意見を述べた。上ノ原消防長が「日ごろの職務を通じて感じていること、思っていることを見つめ直し、自分の言葉で表現することで、消防職員としての自覚を深め、資質を向上させることを目的としています。力まず、焦らず思いを伝えてください」と期待を寄せた。

 発表は1人5分の持ち時間で、災害・救急の現場や日ごろの業務を通じて感じた改善案や建設的な意見が述べられた。上野ノ原消防長、延岡警察署の時任和博署長、笠江孝一市教育長らが審査員を務めた。

 審査の結果、「命を救うアプリ」と題して発表した上杉和也さん(消防第二課救助係)が最優秀賞に輝き、「ボーダーレスコミュニケーション」と題して発表した下田達也消防士(消防第二課東海分署第二係)が優秀賞、

 「あなたの勇気」と題して発表した新名智成消防士(消防第一課東海分署第1係)に奨励賞が贈られた。

 上杉さんは、救急の現場に遭遇し「何もできなかった」と悔やむ祖母の姿を通じて、「大多数の人が救急や火災の現場に立ち会ったときに、無力感と申し訳なさを感じている」と説明。仙台市消防局が採用しているスマートホンの「救命ナビ」というアプリには、心肺蘇生の手順や地域内のAEDマップが掲載されていることを紹介し、「延岡でも同様のアプリが必要」と訴えた。同時に、地方の小規模な自治体が単独で作ることの難しさも指摘し、「市町村や都道府県を超えた全国規模のシステムを、自治体が協力し合って作る」ことを提案。訪れた人たちも興味深そうに聴き入っていた。

 上杉さんは4月に小林市で行われる県消防職員意見発表会に出場する

その他の記事/過去の記事
page-top