【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ウルスラ学園高で卒業式−県内トップ

本紙掲載日:2017-02-16
2面
卒業証書を受け取る卒業生

114人が学びや巣立つ

 県内で今年最初の卒業式が2月16日、延岡市緑ケ丘の聖心ウルスラ学園高校(牧野みどり校長、佐田栄子理事長)であり、卒業生114人(普通科74人、看護科40人)が慣れ親しんだ学校に別れを告げた。

 牧野校長が卒業生一人一人に卒業証書を授与して「自分に限界をつくらず、自分らしい自分とは何かを求めながら心豊かに人生を生きてください」と式辞。佐田理事長は「皆さんは今から大海原に出て行く船のよう。人生の荒波に出合う時にマリア様に助けを求め、乗り越えて行ってください」とエールを送った。

 2年の平野愛梨さんが送辞。卒業生を代表して井ノ久保里沙さんが3年間の思い出に触れ、周囲への感謝を伝えて「どんな道に進もうと他人を愛すること、何事にも感謝すること、誰にでも手を差し伸べることを誓います」と答辞を述べた。

 会場には全生徒が歌う「仰げば尊し」「ハレルヤ」が響き、涙を拭う卒業生の姿も。卒業生は在校生や保護者、教職員の温かい拍手に包まれ、それぞれのステージに向かって学びやを巣立った。

その他の記事/過去の記事
page-top