【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

平成30年新春インタビュー(22)−奥園賢史日本政策金融公庫延岡支店長

本紙掲載日:2018-02-13
3面

地域発展に重要な創業支援−役割発揮へ地域と連携深めたい

−−昨年、延岡に着任されました。振り返っていかがですか。
【奥園支店長】昨年4月に赴任し、初めての宮崎県勤務となりました。穏やかな土地柄とは聞いておりましたが、お客さまや連携機関の方々と接するなかで、皆さまの郷土愛を強く感じます。損得勘定抜きの熱意だと思います。公庫職員の多くは県外出身者ですが、皆が感じています。

−−県北の経済動向について、どう考えますか
【奥園支店長】国内経済は景気回復が続いておりますが、消費動向に影響を受ける生活関連業種の多くは景気回復の実感を持てない状況です。明るい兆しはありますが、中小企業、小規模事業者はこれからが踏ん張りどころではないかと思います。
県北で好調な企業をみると域内にとどまらず、新たな活路を求め、事業展開を行っておられます。あるいは、域外から人や物を呼び込むことに力を注いでおられます。人や物が動くことは景気回復に不可欠だとつくづく思います。

−−県北の特色について感じたことは。
【奥園支店長】宮崎県は農林水産業が盛んです。延岡支店では、とりわけ林業向け融資の構成比が全国より高い点が特徴です。林業とその関連事業は県北の大切な地場産業でありますので、公庫の制度もご活用いただきたいと思います。

−−日本公庫として特に力を入れていることは。
【奥園支店長】人口減少社会にあって、事業所数の維持は並大抵のことではありませんが、地域の経済基盤にとって重要なことです。そこで大きな柱として創業と事業承継支援に力を入れます。
まず、公庫は設立時より創業融資に取り組んできましたが、地域経済の発展のためには、創業支援が特に重要であると改めて認識しております。
昨年12月公庫では福岡市において、九州・山口・沖縄の自治体が出展し、移住についての相談を受けるイベント「移住&起業・就農フェア」を開催し、相談者でにぎわいました。県北からは延岡市、日之影町、椎葉村から出展いただきましたが、県北の自然、生活環境は県外の方々へもアピールできるものです。公庫は全国152支店のネットワークがありますので、移住希望の方々をつなぐ取り組みにも力を入れていきます。
次に、経営者が直面している課題としては事業承継への不安が挙げられます。早めの対処やサポート機関等へ相談を行ってほしいと思います。公庫では事業承継時や後継者が経営革新を図る際に必要となる資金ニーズにきめ細かく対応していきたいと考えています。

−−各地で「一日公庫」を開催しています。どのようなメリットがありますか。
【奥園支店長】「一日公庫」では迅速な対応を心がけております。仕事の生命線はスピードだと考えています。そのためには経験・ノウハウ・情報を蓄積し、即断即決ができるよう努力しています。延岡支店は総勢10人と小規模な支店です。私どもが政策金融機関として機動的な役割を発揮していくためには商工会議所・商工会、生活衛生同業組合、民間金融機関、税理士会等のお力添えが不可欠です。今年度も一層の連携を深めていきたいと考えております。

−−今年の抱負、どんな年にしたいですか。
【奥園支店長】日本公庫は今年10月に旧3公庫による統合10周年を迎えます。節目の年として統合による3事業の総合力を一層発揮し、お客さまや地域を支える方々にとって縁の下の力持ちのような存在として業務に取り組んでまいります。

その他の記事/過去の記事
page-top