【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

聡明中を訪問、生徒にエール

本紙掲載日:2018-02-09
3面
第22回若山牧水賞を受賞した三枝さん(聡明中で)

悩んだとき牧水に答えを−第22回若山牧水賞受賞者・三枝さん

◆つまずいても、それは次のステップ

 第22回若山牧水賞を受賞した三枝浩樹さん(71)=山梨県甲斐市在住=は8日、牧水が青春時代を過ごした延岡市を訪れ、学校訪問と受賞記念講演会を行った。学校訪問は、短歌や牧水の魅力について語ったり、生徒の作品を講評することで短歌に関心を持ってもらおうと平成18年度から行われており、今回は聖心ウルスラ学園聡明中学校を訪問した。

 学校訪問では、同賞の第17回受賞者で宮崎市在住の歌人大口玲子さんと対談する形で、同校の中学1年生から高校2年生まで101人に向かって話した。

 三枝さんは法政大学文学部英文科を卒業し、高校英語教師を務めていたことから、高校生に向けて詠んだ歌が多数ある。「非行は麻疹(はしか)みたいなもので 今のきみが(きみでもあるが)全てではない」「きみの中の花瓶は修復できるから なずなすずしろを摘みにいこうか」など。

 元英語教師らしく「Everythingisintheprocessofchange(すべてのものは変化の途上にある)」という言葉を生徒たちに贈り「つまずくことがあっても、それは必ず次のステップのためのいい経験になる。自分を信じて前に向かって歩いてほしい」。

 また、牧水の歌「白鳥(しらとり)は哀(かな)しからずや空の青海のあをにも染まずただよふ」について「白鳥に自分を重ねてみることができる。自分は世の中の流れに流されていいのだろうか、自分を貫けるだろうかと悩む時の応援歌になる」と解説し、「悩んだ時、自分の問いに対する答えを、皆さんの身近な大先輩である牧水の歌の中から見つけて」と呼び掛けた。

 生徒たちは短歌を2首ずつ作って事前に提出しており、三枝さんはその中から秀歌として選んだ15首を講評した。

 「『可愛(かわい)いね。』リュックのことだ きっとそう 頭を撫(な)でた 君の気持ちは」など自作の歌が2首とも選ばれた柏田紗英さん(高校2年)は「31音の中に自分の気持ちを目いっぱい詰め込むのは難しかったけど、頑張って作ったものが評価していただけてうれしい。困った時や苦しい時に短歌に救われることがあると教えていただいたので、もっと触れたいと思いました」と話していた。

◇「新しい牧水」と題し記念講演

 受賞記念講演会はカルチャープラザのべおかハーモニーホールであり、三枝さんは「新しい牧水」と題して講演。

 「『アメリカファースト』など自分中心の考え方が世界に台頭し、将来への不安や閉塞(へいそく)感が充満している今、牧水の歌は新しくよみがえって響く」と話し、「酔ひはてては世に憎きもの一もなしほとほとわれもまたありやなし」など牧水の歌8首を紹介した。


聖心ウルスラ学園聡明中学校で行われた対談

受賞記念講演会の会場は大勢の人で埋まった
その他の記事/過去の記事
page-top