【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「叱るより褒めて」延学野球部の三浦監督

本紙掲載日:2018-02-08
3面
「トップ級と互角以上に戦いたい」と抱負を語る三浦監督

延岡RCで講話

 延岡ロータリークラブ(石丸勝久会長)は7日、ホテルメリージュ延岡で例会を開いた。12年ぶりのセンバツ出場を決めた延岡学園の三浦正行監督が「やるのは選手。叱るより褒めろ」と指導方針を語り、「お世話になっている延岡の皆さんに恩返ししたい」と甲子園での活躍を誓った。

 毎週水曜日の例会。57人の会員が出席し、三浦監督が「私と野球」というテーマで約30分話した。

 冒頭、「皆さんのおかげ」とセンバツ出場決定のお礼を述べた三浦監督。秋田県出身で、社会人野球を経てプロ野球・大洋(現横浜)の選手、コーチ、球団職員として35年間、勤めた。

 お金にまつわる話など、プロ球界の裏話も披露。須藤豊さん(元大洋監督など)、中西太さん(元日本ハム監督など)ら影響を受けた指導者や、内川聖一選手(現ソフトバンク)ら指導した選手とのエピソードを語った。

 采配については持論を展開。「野球は点取り合戦で、たくさん点を取って投手を楽にするのがうちの野球」として、「(特に序盤の)バントは大嫌い」と笑いを誘った。

 秋の県予選、九州大会の戦いでも「(攻撃時の)サインは3種類だけ。そのうちの一つバントは一度しか使っていない」と明かし、「甲子園でもここはバントという場面で、やらないと思う。皆さんもそう思って見てほしい」。

 現在66歳で「ユニホームを着るチャンスはこれが最後だと思う。この90回の選抜と夏の100回大会で、全国のトップクラスと互角以上に戦いたい」と意欲を見せた。

その他の記事/過去の記事
page-top