【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

いのち・愛・人権展始まる−13日まで

本紙掲載日:2018-02-06
8面
13日まで開かれている「2018日向市いのち・愛・人権展」(日向市駅構内スペース)

日向市駅構内スペース

 「2018日向市いのち・愛・人権展」が5日から、日向市駅構内スペースで始まった。13日まで。

 人権週間(12月4〜10日)行事の一環。同市教委が市内の児童生徒から作文や図画・ポスターの3部門で募集したところ、合わせて754点の応募があり、審査で入選作を決めた。

 会場には図画・ポスターの全作品166点と作文、標語の入選作合わせて55点に加え、人権問題に関する資料が展示されている。

 このうち、図画・ポスターの部で入選した三尾花恋さん(財光寺小1年)は、「えがおいっぱい」という文字とともに、友だち5人の笑顔を画用紙いっぱいに描いた。

 また、標語の部で入選した黒木ひなたさん(財光寺中2年)は、「人にはそれぞれ個性があって、その個性をだめにするようなことを言ったりしないでお互いに認め合うことが大切」という意味を込めて、「認め合う人それぞれの個性色」という作品を寄せた。

 それぞれ個性あふれる力作ぞろいで、同駅の利用者たちが電車の待ち時間などに立ち止まり、熱心に見入る姿が見受けられている。

 時間は午前10時から午後5時(13日は同1時)まで。駅構内には改札口で写真展の鑑賞を申し出れば無料で入場できる。

その他の記事/過去の記事
page-top