【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

立憲民主県連が発足

本紙掲載日:2018-02-06
1面
立憲民主党県連の立ち上げを発表する渡辺創代表。右は同党本部最高顧問の海江田万里衆院議員

代表に渡辺元民進県連幹事長

◆非自民勢力強化したい

 民進党県連元幹事長の渡辺創県議(宮崎市区)は5日、県庁で記者会見し、立憲民主党県総支部連合会の設立を発表した。自身が代表に就き、宮崎市議ら総勢4人で当面活動する。国政選挙では民進県連などとできるだけ幅広い野党連携を模索しながら、安倍政権の打倒を目指す。立憲民主所属の国会議員がいない都道府県では初めての設立。

 渡辺氏は立ち上げ理由について、「立憲民主に期待する県民は多く、非自民勢力をより強化するために新たな政治団体を用意するのは一政党や個人的な利害を超えて必要。8年前の参院選挑戦時から、中道リベラルな政治勢力を宮崎に根付かせたいの思いがあり、その点でも立憲民主が適していると判断した」と説明。

 民進県連とは今後、連絡協議会(仮称)を設けることで合意したといい、「現政権にブレーキをかけるためには、党籍がどこであろうと多くの方と連携して戦える体制が必須。新しい柱で新たな化学変化を起こし、大きな連携や流れをつくることで役割を果たしたい」と抱負を語った。

 渡辺氏は3日の民進県連の幹事会で離党と幹事長職の退任が了承されたといい、「田口雄二代表をはじめ、県連役員、党員・サポーターには心広く理解をいただいた」と感謝した。

 同席した立憲民主本部最高顧問の海江田万里衆院議員は「国会議員がいない宮崎での県連設立は、これからの組織づくりの上でいいお手本になる」と期待を寄せた。

その他の記事/過去の記事
page-top