【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

今年は幕内昇進が目標−琴恵光

本紙掲載日:2018-02-02
3面
一月場所を振り返り抱負を語る琴恵光関
テーブルを回って激励に応える琴恵光関

延岡後援会が激励会

 延岡市出身で大相撲佐渡ケ嶽部屋の琴恵光関(本名・柏谷充隆、西十両十枚目)の激励会が1日夜、同市祇園町のキャトルセゾン・マツイで開かれ、約200人の後援会員やファンらが訪れて歓談した。主催は琴恵光延岡後援会(稲田義美会長)。

 稲田会長は「初土俵から544回土俵に上がり、現在まで290勝254敗。この間、一度も休場していません。褒めてください。今年は幕内に昇進し、定着するという大きな目標を掲げて取り組んでいます。今後も温かいご声援、ご支援をお願いします」とあいさつ。

 来賓の首藤正治市長は「今年は12月に延岡巡業が計画されていると聞きます。それまでにはぜひ幕内に昇進し、延岡に凱旋(がいせん)してください。頑張ってください」と激励した。

 おばあちゃんといつもテレビで応援しているという、博労町の保育園児坂元三祝(みのり)ちゃん(6)から花束が贈られると、琴恵光関も笑顔で応えた。

 平田東九州病院平田耕太郎理事長の音頭で乾杯し、和やかに琴恵光関を囲んで懇談。琴恵光関もそれぞれのテーブルを回って写真撮影や握手に応じ、訪れた人たちと交流した。

 9勝6敗の好成績だった初場所を振り返った琴恵光関は「改善するところはたくさんありますが、立ち合いで押し込まれると慌ててしまう。相手よりも下に入って密着することを、来場所までにもっと稽古場で身に付けていきたい」と気持ちを新たにした。

 ステージでは、付け人の琴明山(鹿児島県出身)さんが、相撲甚句を披露。声量のある名調子で会場を沸かせると、〃おひねり〃も飛び交った。また、琴恵光関のサイン入り色紙や大相撲グッズ、自然じょや団子が当たる抽選会もあり、訪れた人たちを喜ばせた。

 さらに任期満了で退任する首藤市長に、琴恵光関が花束を贈呈。3期12年間をねぎらった。最後はJA延岡の山本照弘組合長の音頭で「頑張ろー三唱」で締めくくり、盛況のうちに幕を下ろした。


◆目の前の相撲に集中−琴恵光インタビュー「3月場所は結果出したい」

 激励会に出席した琴恵光関に来場所への抱負などを聞いた。

−−一月場所を振り返ってどうですか?
早く勝ち越せたことと、優勝争いに加われたことはいい経験になったと思います。ですが、優勝を意識しすぎるとどうしても堅くなるので、あまり意識せずに目の前の相撲に集中していました。取組では相手のことを考えるよりも、懐に入る自分の持ち味を出すことを意識しました。それが良い方向につながったと思います。

−−一段と体が大きくなったようですが、体調はどうですか。
体重は自己最高の140キロです。場所中も体重をキープできていました。けがもありません。幕内に早く上がりたいという気持ちで臨んだので、結果につながったと思います。次も自分の良い所を出すつもりです。大きい相手に体負けする場面もあったので、本番までに稽古で修正して挑みたいですね。

−−越えなければならない壁は?
幕内経験者の力士とやるときはどうしても力負けしていたので、幕内経験者に勝てるようになれば(幕内に)上がれると思っています。(懐に入る)自分の相撲で倒せたら、自信につながると思うので、そういうことを一つ一つ積み重ねていきたいです。

−−後援会から取り組みが終わるたびに激励のメールがあるそうですが。
ありがたいです。土俵の上では1人なんですが、応援してくださる方々が背中を押してくれると思うので、心強いですね。

−−ファンにメッセージを。
今年は早く幕内に上がって、市民の皆さんにもっと応援してもらえるような力士になります。そのためには三月場所で結果を残さないとならないので、稽古の段階から意識して臨みます。頑張ります応援をお願いします。

その他の記事/過去の記事
page-top