【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

空飛ぶ新玉ネギ、26日初競り−延岡

本紙掲載日:2018-01-26
2面
威勢の良い掛け声が飛び交った「空飛ぶ新玉ネギ」の初競り

1玉600円の高値―A品2L

 延岡市特産の超極わせ玉ネギ「空飛ぶ新玉ネギ」の初競りがけさ、同市の延岡綜合地方卸売市場(大保博司社長)で行われ、A品の2Lサイズ(直径9〜10センチ)には、ご祝儀相場もあって過去最高値タイとなる1玉600円の高値が付いた。

 空飛ぶ新玉ネギは、葉付きのまま出荷されるトップゴールドという品種で、食感が良い上に辛味が少なく、生でも食べられて人気が高い。

 今期は昨年の悪天候に加えて年明けから冷え込みが厳しかったせいで玉太りが遅れ、当初の予定だった18日から8日遅れの初競りとなった。

 けさはJA延岡(山本照弘組合長)の玉ネギ部会(三雲治男会長127人)の生産者8人が、新玉ネギ71ケース(約360キロ)を持ち込んだ。

 初競りを前に山本組合長が「今年も立派な新玉ネギができました。多くの消費者の方々に喜んでいただき、同時に生産者の皆さまにも元気をいただけるものと思います」とあいさつ。

 特設の競り場では開始の合図と同時に次々と競りに掛けられ、買い受け人と威勢の良いやり取りが行われた。

 Lサイズ(直径8〜9センチ)にも300円の高値が付いたほか、Mサイズ(同7〜8センチ)も150円、Sサイズ(同6〜7センチ)70円と、昨年よりも高値で取引された(いずれも卸値)。

 三雲部会長は「例年よりも高値が付き、皆さんの期待に応えることができました。玉ネギは冷え込むと成長が止まりますが、気温が上がるとグングン大きくなります。少し遅れましたが、玉太りは十分です。今年も自信を持って出せる新玉ネギになりました」と胸を張っていた。

 同部会では5月末までに葉付き玉ネギ、切り玉ネギ合わせて約700トンの出荷を目標にしている。空飛ぶ新玉ネギの出荷は3月いっぱいまで続き、約60トンの出荷を見込んでいる。全体の約8割が県内で消費され、約2割は関東、関西方面に送られるという。

その他の記事/過去の記事
page-top