【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

新成人に歯科検診−美郷町

本紙掲載日:2018-01-05
3面
歯科検診を受ける新成人

8020運動推進の県が実施

 「8020(80歳になっても20本以上の自分の歯を保つ)運動」を進める県は、新成人を対象にした無料の歯科検診を昨年に続いて計画。県北では3日、美郷町で唯一実施された。

 高校卒業後、成人期の定期歯科検診の受診率が低いことから、定期歯科検診や妊娠期の歯科検診の重要性について啓発を図ろうと日向市・東臼杵郡歯科医師会の協力で実施した。

 フッ化物洗口による虫歯予防の効果を調べるのも目的で、導入時期の異なる県内3市町で昨年に続いて計画した。

 県が歯と口の健康づくりを進めるため、園児や児童、生徒を対象に行っているフッ化物洗口の効果は20歳、30歳になっても持続するとされているものの、県内のデータはないことから、県と県立看護学校の評価事業の一環として昨年に続いて計画。3日に成人式のあった同町と川南町ほか、8日に予定している宮崎市でも行う。

 このうち、平成17年2月、旧北郷村時代に小学校などでフッ化物洗口を県内でいち早く導入した美郷町では、成人式会場に隣接する西郷農村環境改善センターで歯科検診を実施。式典の前後に新成人に呼び掛けたところ、出席者の75%に当たる39人が受診した。

 このうち、小学校低学年からフッ化物洗口をしていたという高野剛=ごう=さん(19)=同町北郷宇納間出身=は、「いい思い出はありませんが、虫歯がなかったのはフッ化物洗口のおかげだと思う。これからも毎日3回の歯磨きを欠かさないで虫歯がないように心掛けたい」と話した。

 県の事業としては今回で終わるが、3市町で2カ年がかりで実施した新成人のアンケートや検診結果を分析し、来年度をめどに日本公衆衛生学会などで公表したい考え。

 県福祉保健部健康増進課母子・歯科保健の担当者は「歯科検診を定期受診する大切さを知るいいきっかけになったと思う。この取り組みが市町村単位で広がってくれるとありがたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top