【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

早掘りタケノコ出荷

本紙掲載日:2017-12-23
1面
細かい傷や形を見ながら選別作業を行うJA延岡の職員
「金の筍」に一新された化粧箱を手にする小野部会長(右)とJA延岡の山本照弘組合長

ブランド名「金の筍」に改称−JA延岡

◆化粧箱を一新、発信に力

 県内有数のタケノコ産地・延岡市南方地区の、早掘りタケノコ出荷が12月23日、同市高野町の選果場で行われた。同地区の生産者で組織するJA延岡たけのこ部会(小野昭治部会長)が、毎年天皇誕生日のこの日に合わせて行っており、12月23日は4戸の生産者が収穫したタケノコ計88・2キロが持ち込まれた。

 今年からブランド名を「早掘りたけんこ」から「金の筍(たけのこ)」に改めたほか、バスク化構想を進める市の補助を受けて、黒地に金の文字をあしらった化粧箱(400個)とパンフレット(1000枚)、のぼり旗(2基)を制作。イメージを一新し、JA延岡の特産ブランドとして発信に力を入れる。

 JA延岡の佐藤彰さん(38)ら職員が、見た目や大きさをチェックし、重さを量って1本ずつ選果。A、Bの2等級と2Sから3Lまでの6サイズに分けられたタケノコは、小野部会長ら生産者の手で2キロずつ丁寧に箱詰めされた。

 早掘りタケノコは、主に細見町と行縢町、舞野町の24戸が、合わせて約15ヘクタールで栽培。地表に頭を出す前に収穫されるため軟らかく、そのまま焼いても食べられる。

 ひと足早い春の味覚として、関東方面の高級料亭などで人気があり、高いときにはキロ当たり4千円前後で取引される。今年は裏年のため、初日の出荷としては昨年より100キロほど少なかったものの、品質は上々という。

 小野部会長は「今年は2回の台風で根が揺らされたり、少雨の影響を受けるなどしました。裏年なので量は昨年に及びませんが、甘くて品質は良い。頑張って掘ります」と意気込みを話していた。

 年内の出荷は12月23日だけで、年明けは1月17日を予定している。「早掘り」としての出荷は4月上旬まで続き、その後は加工用の出荷が同下旬ごろまで続く。今シーズンは合計で約50トンの出荷を見込んでいる。

その他の記事/過去の記事
page-top