【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

子育て女性働きづらく

本紙掲載日:2017-12-18
2面
対談形式で業界の課題について考えた延岡日向ウェディング協議会

若いプランナー経験不足−延岡日向ウェディング協議会

◆業界の課題考える

 県北地区4カ所の結婚式場や婚礼に関わる多種の業者でつくる延岡日向ウェディング協議会(志多充吉理事長、34社)はこのほど、延岡市のガーデンベルズ延岡で例会を開き、研修を行った。講師にエリアウェディングサミット事務局(神奈川県横浜市)の中村卓事務局長と田崎有希さんを招いた。

 少子化に伴う婚姻組数の減少や結婚式離れなどで業界は厳しさを増しており、延岡日向と同様の協議会が全国約30カ所で組織されている。同サミットはその協議会間の情報交換組織。研修では、志多理事長と田崎さんが対談し、中村事務局長の講演を通じて、業界が抱える課題を改めて抽出し、今後の取り組みを考えた。

 志多理事長は田崎さんに、結婚式場が女性にとって働きやすい職場かどうかを尋ねた。田崎さんは「婚礼の多い日曜日に保育所が開いていないので、子育てをしながら働くことが難しい。そのためプランナーがなかなか育たず、新郎新婦の平均年齢が男性30歳、女性29歳と上がっているのに、プランナーは20代前半と若く経験不足」と問題点を指摘した。また、中村事務局長は、業界の活性化のため全国各地の協議会が行っている活動事例を紹介するなどした。

 延岡日向ウェディング協議会は平成27年10月に発足。結婚式の良さを広める目的の公開結婚式「夢婚」や、プランナーの技術向上を目的とするコンテストなどを行ってきた。例会はおよそ2カ月に1回開いている。この日は35人が出席した。

 来年1月1日付で新理事長に就任する尾文俊さん(サンレー宮崎事業部長)は「来年は神社と連携した企画や、出会いの場を創出する取り組みをしていきたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top