【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

冬の山里にぎわう、各地で祭り−下舞野神社の冬祭り

本紙掲載日:2017-12-12
8面
新米のご飯やしし鍋を味わう参拝者
みこしの巡行から戻り、綿菓子をもらう子どもたち

しし鍋など振る舞う−延岡市舞野町

 ヤマトタケルノミコトを主祭神とする延岡市舞野町の下舞野神社(甲斐重興宮司、佐藤時春氏子総代表)の冬祭りが12月10日にあった。

 例祭日は旧暦10月2日だが、新暦12月13日に近い日曜日に行っている。神事の後、北川町から招いた川坂神楽保存会が三番神楽を奉納。子どもみこしの巡行や舞野営農部会未来(甲斐末吉会長)の催し物もあり、地区内外から多くの人が訪れた。

 子どもみこしは、舞野町親子会の小学1年生から中学3年生まで15人が交代で担ぎ「ワッショイ、ワッショイ」と町内を練り歩いた。

 営農部会の催し物は昨年から始めた。舞野米(ヒノヒカリ)のご飯、しし鍋、甘酒、綿菓子を振る舞い、地元産野菜を販売。子どもみこしに参加した親子や参拝者が、振る舞いを受けて和やかに過ごした。

 甲斐会長(66)は「催し物をすると地区外からもお参りに来てくれるので今後も続けたい。地区外に出ている若い人たちが、祭りに帰ってこようと思うようになってくれたらうれしい」と話していた。

 同神社は、ヤマトタケルノミコトが九州地方の豪族熊襲(くまそ)を討伐した際に、勝利を祝って舞を舞った場所といわれ、地名もそれに由来するという。ヤマトタケルノミコトが都に帰った後、里人がその徳を慕い、碑を設けて「武宮」としたのが神社の始まり。のちに「嶽宮(たけみや)」と改め、明治4年、9社を合祀(ごうし)して現在名となった。

その他の記事/過去の記事
page-top