【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

西の丸に大和町社協(宮城県)から感謝状

本紙掲載日:2017-12-12
2面
届いた感謝状を手にする西谷栄一会長
宮城県黒川郡大和町で活動する西の丸社員(平成27年9月=提供写真)

平成27年の支援たたえ

◆西谷会長「今後も謝恩報恩の心で」

 県北を中心に遊技場を展開する西の丸グループ(本社・門川町、西谷淳社長)にこのほど、宮城県黒川郡の大和町社会福祉協議会から感謝状が届いた。平成27年に同社が水害に遭った大和町を訪れ、ボランティアで支援に取り組んだことをたたえるもので、大和町社協の法人化50周年記念福祉大会の席上で贈られたという。

 同社は昭和52年から地元地域や県内各地で「感謝・報恩活動」を開始。平成12年の名古屋災害支援をスタートに同16年の新潟県中越地震、同23年の東日本大震災など県外の被災地へ出向きボランティア活動に取り組んでいる。

 大和町は同27年9月10〜11日に発生した関東・東北豪雨で約2千ヘクタールが浸水し、多大な被害に遭った。

 同社では14日にトラックなど車両5台に機材を詰め込み、20人で復旧支援へ出発。カーフェリーや陸路約840キロの道のりを経て、16日に現地入りし、20日までの5日間滞在した。

 被災地では、川の氾濫により地域一帯に流入した土砂の運び出しや土手補強のための土のう作り、雑木の切り出し作業を行った。

 大和町社協の50周年記念福祉大会は11月10日に行われた。西の丸からの出席はかなわなかったが、後日、感謝状が届いたという。

 同社の西谷栄一会長は「涙を流して感謝してくる大和町の方々に私たちも笑顔と涙で活動しました。感謝状をいただき、とても励みになります。今後も謝恩報恩の心で取り組んでいきたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top