【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

神さん山に弦の音色響く−延岡市北川町

本紙掲載日:2017-11-27
1面
延岡市北川町の神さん山で行われた「神の音コンサート」

ユネスコエコパーク記念−厳かにコンサート

 延岡市北川町祝子川の「神さん山」で11月25日、バイオリニスト古澤巌さんとチェリスト大藤桂子さんによる「神の音コンサート」があった。県内外100人の観客が、県北屈指のパワースポットの中で奏でられる調べに酔いしれた。祖母・傾・大崩ユネスコエコパークの登録を記念し、北川町ユネスコエコパーク実行委員会(盪街グ豌馗后砲初めて開催した。

 オープニングに登場した古澤さんは「Mr・Lonly」「フルハウス」「いい日旅立ち」をソロ演奏。神話に由来するとされる巨石の下で厳かにバイオリンの音を響かせた。大藤さんが登場すると、2人で「月夜の約束」「月が綺麗な夜だから」などを披露。バイオリンとチェロの音が巨石に反響する雄大なハーモニーが、参加した人を喜ばせた。最後は古澤さんが、大御神社(日向市)の宵祭りをもとに自身が作曲した「龍神伝説」で幕を閉じた。

 巨石愛好家でもあるという古澤さんは「めったにない機会で、この日を迎えられたことに感無量」と感動した様子で語った。

 夫婦で会場に訪れていた延岡市北一ケ岡の柳田純一郎さん(67)豊子さん(68)は「この場所に来るまでの石段はきつかったけど、こんなすてきな雰囲気の中で古澤さん、大藤さんの演奏を聞けて大満足。同じ機会があればぜひまた来たい」と話した。

 神さん山は大崩山登山道に通じる道路から250段の石段を登った場所にある縄文時代の巣ノ津屋洞窟遺跡の一部。巨大な石が支え合い、その隙間にピラミッドのような岩がある。記紀に登場する山幸彦に関係するとも言われている。

その他の記事/過去の記事
page-top