【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

自転車の安全利用を学ぶ−旭興自動車が出張指導

本紙掲載日:2017-11-24
6面
自転車の安全な乗り方を実習する恒富小児童

恒富小「ブタはしゃべる」

 延岡市恒富小学校(橋本範憲校長、201人)は11月20日、交通安全教室を開き、子どもたちは安全な道路横断や自転車の乗り方などをおさらいした。

 旭興自動車学校(同市愛宕町)が出張指導。運動場に模擬の交差点を特設し、児童は2学年ずつに分かれて、それぞれの年代に沿った内容に取り組んだ。

 1、2年生は信号機の意味や種類について説明を受け、正しい横断歩道の渡り方を実習。3年生以上は自転車の点検方法や標識の意味を学び、正しい乗り方や車からの死角などを体験した。

 このうち、自転車の安全点検は「ブタはしゃべる」を合言葉に指導。「ブ」はブレーキ、「タ」はタイヤ、「は」は反射材、「しゃ」は車体(ハンドル・サドル・チェーン)、「べる」はベルで、児童らはそれぞれに異常がないかや正しく作動するかを注意深く確認していた。

 また、交差点は必ず左右の安全を確認してから通行することや、「止まれ」の標識や道路表示にも必ず従うこと、歩行者用横断歩道では自転車を押して渡ることなどを実習した。

 同校の校区内は一日を通して交通量が多く、登下校で歩道橋や歩車分離式信号機のある交差点を利用する子どもも多い。このため同校は交通安全教室を年2回開くなどして事故の未然防止に努めている。

 4年生の甲斐宥旭君は「友達の家に遊びに行く時に自転車に乗るけど、車が横から来たので急ブレーキをかけたことがあって怖かった。きょうはブレーキのレバーを右も左もきちんと握って止まるのが大事だと分かった」と振り返った。

その他の記事/過去の記事
page-top