【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

園児たちが地域を表現

本紙掲載日:2017-11-14
8面
日向南こども園の造形作品展

日向南こども園造形作品展

 学校法人ゆりかご未来学園の日向南こども園(日向市財光寺、國友巖園長)で、0〜5歳の園児90人が手掛けた「造形作品展」が開かれている。

 同園は毎年秋に全園児で作品づくりに取り組んでいる。今年のテーマは「ぼくたちのわたしたちのみやざきけん」。10月20日ごろから制作に取り掛かり、園のホールに11月10日、職員が飾り付けた。

 0〜2歳児は紙で宮崎牛や地鶏を作った。先生と一緒に紙を破ったり丸めたりして作品づくりを手伝った。3歳児は手形と足形を取って日向市花のヒマワリを表現。

 4歳児は「願いがかなうクルスの海」をちぎり絵で作り、河原で拾った石にクレヨンでアユの絵を描いて延岡の川を演出した。5歳児はJR日向市駅の模型を制作。牛乳パックで土台を作り、駅に県産スギ材が多く使われている特徴を意識し、割り箸やアイスの棒で表現した。

 また、園児は9月にお倉ケ浜海岸であった世界ジュニアサーフィン選手権を現地で見学しており、その際に描いた絵も会場に展示している。

 展示は17日まで行い、期間中は保護者の自由参観日などがある。5歳児担当の保育士鈴木留美さんは「保護者の皆さんには作品を通して子どもの成長を感じ取ってほしい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top