【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

思いやりの心大切に

本紙掲載日:2017-11-14
2面
人権かるたを楽しみながら意識を高めた

北方学園で人権教室

 延岡市北方町の小中一貫校・北方学園(田代和浩校長)で11月13日、同市などが主催する人権教室があり、1〜4年生児童と北方幼稚園児に思いやりの心を持つことの大切さを伝えた。

 講師として訪れた延岡人権擁護委員協議会の池田拓二さん(70)=同市北方町=と古谷栄一さん(65)=同=は、県内の小中学校から寄せられた標語で作った「人権かるた」を紹介。児童たちは古谷さんが読み上げる標語の絵札取りを楽しみながら、人権意識を高めた。

 また、市企画部人権推進課の松岡直子さんは、人権イメージキャラクター「人KENまもるくん」「人KENあゆみちゃん」が登場する紙芝居を披露し、人に優しくすることやいじめの撲滅を訴えた。

 最後に池田さんが、人権擁護委員が子供たちのさまざまな悩みを受け止める事業「子どもの人権SOSミニレター」について説明。「周りの誰にも言えないことがあれば、いつでもお便りをください。私たちが返事を書きます」と呼び掛けた。

 4年生の橋倉桃花さんは「教えていただいたことをこれからに生かさないといけない。人権の本もどんどん読んでいきたい」。3年生の永井碧音君は「仲間はずれは絶対にしない、させないことが大事だと思った」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top