【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

池澤さん(内閣官房)後輩たちへ

本紙掲載日:2017-11-13
7面
講演する池澤大輔さん

延岡高1年生に体験語りアドバイス

 卒業生の話を聞くことで、学習意欲の喚起や進路選択などに役立ててもらおうと延岡高校(宮野原章史校長、739人)は11月9日、同校OBで内閣官房行政改革推進本部事務局・参事官補佐の池澤大輔さん(35)を招き、1年生248人対象の講演会を開いた。

 池澤さんは、延岡高の平成12年(第52回)卒業生。早稲田大学大学院の法務研究科を卒業後、平成21年に公正取引委員会に入省し、現在、内閣官房に出向している。

 演題は「国家公務員とキャリアプラン」。池澤さんは、早大大学院時代、弁護士事務所に通う中で「法律家は法律の中でしか人助けができない」と実感。目指していた弁護士の道を考え直し、「正義感が強く経済に興味があったこと、法律の勉強もした」と公正取引委員会に就職した。

 国家公務員の仕事について「法律の改正や執行など最前線で社会の課題解決やルール作りに挑戦できる。より良い社会をつくることを目的として、既存の法律などの枠組みにとらわれない創造的な仕事ができることが一番の魅力」と語った。

 最後に後輩たちへ「高校時代の友人は一生ものだから大切に」「物事の本質について主体的に考えてみることも必要」などとアドバイスした。

 生徒を代表して古賀駿佑君は「進路についての話が参考になり、自分の意志で進路を決めようと思いました」、養護教諭を目指す木田優希さんは「きょうの話を聞いて、将来の夢の本質を考えてみようと思いました」と話した。


講演を真剣に聴く延岡高1年生
その他の記事/過去の記事
page-top