【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延学、決勝進出ならず

本紙掲載日:2017-10-30
9面
【準決勝・延岡学園―都城商】第3セット、スパイクを放つ延岡学園・夏田

第70回全日本バレーボール高校選手権大会県大会(春高バレー)

◆都城商に惜敗

 春高バレー「第70回全日本バレーボール高校選手権大会宮崎県大会」は10月28、29日、宮崎市のKIRISHIMAツワブキ武道館などで男女の準決勝までがあった。県北勢は女子の延岡学園が4強入りしたが、準決勝で都城商に1―2で惜敗した。決勝は11月3日、同武道館で女子が宮崎日大―都城商、男子が都城工―宮崎工の組み合わせで行われる。県北勢の結果は次の通り。




【男子】
▽2回戦
高千穂  2 25―22 0 福 島
       25―10

宮崎南  2 25―15 0 延 岡
       25―16

宮崎工  2 25―15 0 延岡工
       25―22

小林西  2 25―13 0 日 向
       25―10

▽3回戦
日向学院 2 25―10 0 高千穂
       25―15

【女子】
▽1回戦
延岡星雲 2 25―14 0 高鍋農
       25―11

延 岡  2 23―25 1 宮崎西
       26―24
       25―13

福 島  2 23―25 1 富 島
       25―22
       25―11

▽2回戦
宮崎日大 2 25―18 0 延岡星雲
       25―11

小林秀峰 2 25―17 0 日 向
       25―19

小 林  2 25―18 0 門 川
       25― 7

鵬 翔  2 25― 6 0 延 岡
       25―14

延岡学園 2 25―12 0 福 島
       25― 5

宮崎北  2 25―23 0 延岡商
       25―17

宮崎商  2 25―13 0 高千穂
       25―19

▽3回戦
延岡学園 2 25―12 0 都城農
       25―11

▽準々決勝
延岡学園 2 25―18 0 宮崎商
       25―21

▽準決勝
都城商  2 25―17 1 延岡学園
       23―25
       25―18


◆主将「絶対勝てると」

 「自分たちがやってきたことを全部出し切り、絶対勝てると信じていたが、出し切れなかった」。2年ぶりの決勝を逃した延岡学園の主将・夏田麻衣は涙をこらえるように言葉を絞り出した。

 177センチの北林桃佳と175センチの長友真由というスーパー1年生2人が加入。172センチの夏田らとその高さを武器に、準々決勝まではいい仕上がりを感じさせた。

 ライバル都城商との準決勝。第1セットを失うが、第2セット。夏田や有益智夏のブロックが決まり、北林のライトからのスパイクも。25―23で取り切った。

 最終セットも夏田が「きついときこそ、みんなを笑顔にして、最後まで諦めずに引っ張る」と、意地を感じさせるスパイクを連発。だが、相手のサーブが有効で、連続失点を喫した。

 「果たせなかった優勝を、来年絶対に」と夏田。甲斐牧人監督は「(敗戦後すぐ)泣きながら片付けている姿に、成長を感じた。胸を張って帰り、次強くなるしかない」。強い覚悟をにじませた。

その他の記事/過去の記事
page-top