【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

あくがれシニア賞−生き生きと社会に貢献

本紙掲載日:2017-10-18
1面
賞状を手にする「ひゅうがあくがれシニア賞」の受賞者

活躍たたえ、10人を表彰−日向

 健康で生きがいを持ち元気に生活している高齢者や、生き生きと社会に貢献し市民の模範となっている高齢者を日向市が表彰する「第3回ひゅうがあくがれシニア賞」の表彰式が同市健康管理センターで10月17日あり、十屋幸平市長が10人の受賞者に表彰状を手渡して功績をたたえた。

 同賞は、いつまでも元気で活動することの素晴らしさの意識を市民と共有することを目的に、市が一昨年から設けた。市内に住むおおむね70歳以上の人が対象で、社会福祉協議会、高齢者クラブや民生委員、区長などから推薦を募り、選考委員会で受賞者を決めた。

 今年の受賞者は76〜95歳の男女合わせて10人(うち男性7人)。表彰式で十屋市長は「長年の活躍に敬意を表します。高齢者が生きがいを感じながら、いつまでも住み慣れた地域で生き生きと暮らし続けることができる日向市づくりのためにこれまで同様それぞれの立場で支援、協力をお願いします」とあいさつ。

 受賞者を代表し、植野榮子さん(88)=同市東郷町=が、「私たちは地域社会が明るく住みよいものになり、元気に楽しくなるようにと微力ながら活動してきましたが、身に余る光栄です。この受賞を励みとして、一層の努力を惜しむことなく、安心安全な地域づくりに精進します」と謝辞を述べた。

 受賞者と、主な活動、功績は次の通り。

□柳田有良さん(80)=北町=
地区の役員を長年務め、地域の活性化に尽力。こども安全監視員の活動を続けている。

□黒木定雄さん(83)=財光寺=
地区の役員および民生委員として地域の福祉向上に貢献している。

□田丸鐵雄さん(88)=江良町=
地区の役員や交通安全指導員として活動。仕事で培った建築技術を生かして地区に貢献している。

□黒木義己さん(76)=塩見=
マンゴー農家のパイオニアとして後進の指導に尽力。地区の役員や高齢者クラブの会長として高齢者福祉の増進に尽力している。

□菊地大さん(84)=日知屋=
地区の役員や高齢者クラブの会長を務め、長年、小学生の登校見守り活動を行っている。

□菊池巌さん(79)=富高=
ソフトボールの審判および監督として、高齢者スポーツの世界で活躍。地区の役員や高齢者クラブの役員も務めている。

□野元静子さん(94)=美々津=
長年、地域の清掃を行い、地域の美化に貢献。年齢を重ねても元気に地域貢献活動を続けており、市民の模範となる存在。

□豊川朝子さん(95)=美々津=
別府供養盆踊り保存会の中心メンバーで、音頭の指導者。小学生に指導を行い、伝統芸能の保存・継承に貢献している。

□植野榮子さん(88)=東郷町=
市高齢者クラブ連合会の役員を長年務め、地域高齢者の生きがいづくりや健康づくりに尽力している。

□児玉賢さん(85)=平岩=
地区の役員や高齢者クラブの会長、保護司を務める傍ら、書道や水墨画を通して文化交流活動を行っている。

その他の記事/過去の記事
page-top